原木三丁目 投打が噛み合い逆転勝利

2886_IMG_0338

アルビレックス蒲田 vs  原木三丁目 (3-6)

2016年7月16日 落合中央公園野球場

担当:鏡尚樹  撮影:森崎明寿



初回、アルビレックス蒲田は先頭の岡田選手が2塁打で出塁しボークもあり無死3塁のチャンスを作る。2番の金田選手が追い込まれながらもヒットを放ち2者で先制する。その後1死2・3塁のチャンスを作りなおすも無得点に終わる。裏の原木三丁目の攻撃。先頭が振り逃げで出塁し直後に盗塁。2番斎藤選手がセカンドへの進塁打を放ち役割を果たす。その後1死2・3塁になったところで4番守屋選手。粘りに粘って10球目をヒットにし同点に追いつく。2回裏の原木三丁目は1死2・3塁から1番佐久間選手が2点タイムリー2塁打を放ち勝ち越し。さらに押し出しと打撃妨害がありこの回4点を奪い勝ち越した。この打撃妨害の際、アルビレックス蒲田の捕手吉田選手にバットが当たりそのまま負傷退場。チームの柱を欠くことになった。続く3回にも佐久間選手が2本目のタイムリーを放ちリードを5点に広げる。差を縮めたいアルビレックスは4回、1死1・2塁で長谷川選手のショートゴロの間に2塁走者の田崎選手が3塁をけり一気にホームイン。1塁走者も3塁に進み、続く打者の柏崎選手のところでワイルドピッチがありノーヒットで2点返したが反撃はそこまで。6-3で原木三丁目が勝利した。

原木三丁目は1番の佐久間選手が2本のタイムリーで3打点の活躍、また初回に2番打者の齋藤選手がセカンドへの進塁打を無難に決めており理想の点の取り方が出来た。アルビレックスはチームのまとめ役である吉田選手をケガで欠きながらも走塁でかき回し点を奪うなど、両チームとも草野球において最高の攻撃をすることができた。



試合後インタビュー

原木三丁目 佐久間弘太 選手 (鏡尚樹 より)

ヒーローインタビュー
Q.今日右派2本のタイムリーで3打点でした。まず1本目、カウント厳しい中打ったタイムリーでした
A.カウント有利な時はしっかり狙った球を打ち、最終的に追い込まれたのですが、カットしながら好球を見逃さず打つことができました。

Q.2本目はいかがでしたか
A.2本目は1本目と似たような球が来たので逃さず芯で当てることができました・

Q.初回振り逃げで出塁し盗塁しました。チーム内でも走塁意識は高いのではないでしょうか
A.常に次の塁を狙う練習していますし、長所が足の速さなので走塁面でチームに貢献できてよかったです。

Q.これからの試合に向けて一言お願いします
A.1試合1球を大切にしてみんなで楽しく野球をして勝っていきたいです。

原木三丁目 竹野豊 監督 (鏡尚樹 より)

Q.初回出塁して盗塁し、進塁打もありました。良い形で先制出来ましたね
A.各自がやることしっかりやるということでいい形で点が取れました。先制された直後だったので、すぐに追いつくことで後に勢いをつけることができました。

Q.佐久間選手が2本のタイムリーで3打点でした
A.若くて元気な選手でして、2本ともいい当たりを打ってくれて非常にチームが活気づきます。最後投手としても1イニングしっかり締めてくれましたし1番活躍してくれました。

Q.盗塁が多く目立ちましたが、スキを突く走塁は意識していますか
A.逆にやられたら嫌なのでチームの意識として1つでも先の塁を狙っていくようにしています。

Q.これからの試合に向けて一言お願いします
A.暑い夏ですが、毎試合相手チームに胸を借りるつもりで頑張りたいです。

アルビレックス蒲田 長谷川雅也 監督代行 (鏡尚樹 より)

Q.初回の攻撃ですが、2者で1点と幸先よかったですね
A.そこで油断してしまったのか後が続かなかったですね。

Q.ショートゴロで2塁から本塁生還するなど走塁の良さが出ましたね
A.走塁関連はこの前練習したばかりなので、練習が生きて良かったです。

Q.これからの試合に向けて一言お願いします
A.キャプテンがアクシデントで不在になりましたが、チームワークよくプレイで来たので今後も続けたいです。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る