Reds小山内 初先発で大仕事!

Reds vs  海族王 (9-2)

2016年6月26日 大宮けんぽグラウンド

担当:清水宏美  撮影:森崎 明寿



◼︎試合ド頭 Reds畳みかけ大量得点

初回タイムリーでRedsを勢いづけたのは、5番木村選手。四死球で溜めた2走者を一気に還すセンター前のタイムリーヒット。さらには9番今枝選手・1番吉川選手もヒットで続き、一気に6点のビッグイニングを達成する。

◼︎Reds小山内の堅守

初回の失点を追いかけるべく、打ちに出る海族王を抑えたのは、この日初先発の小山内投手。得意のストレートに変化球も織り交ぜながら、四回までを抑える。

◼︎最終回、海族王逆転なるか?!

最終回となった五回、9点差をひっくり返すべく臨む海族王は、ノーアウト満塁のチャンスを迎えた後、大越(薫)選手・村越選手で2打点を挙げ、最後まで逆転を狙おうとするが、最後はReds遠藤投手が抑えきり、セーブ投手の役目を果たした。



試合後インタビュー

Reds 小山内孝 選手 (清水宏美 より)

ヒーローインタビューです。

ー今日のピッチングのポイントを教えてください。
相手選手が結構いいバッターが揃っているということで、今日は制球力を意識して、内角や外角にけっこう投げ分けているつもりでした。が、ちょっと甘いところにもいって飛ばされる場面もありました。

ー小山内選手のピッチングの持ち味を教えてください。
まっすぐを主体として投げるピッチャーですが、その中で三回から四回、まっすぐをけっこう捉えられてきてたんで、カーブとかスライダーで逃げつつ、投げました。

ー最後に喜びのコメントをお願いします。
このチームで先発したのは初めてなので、初めて勝ててよかったです。

Reds 鈴木悠介 監督 (清水宏美 より)

ー本日の勝因をお願いします。
初回に大きな3点、最終的には6点をとれて、さらに点をとった形がよくて、大きな流れをこちらのチーム持ち込めて、それを次にピッチャーの小山内が見事にそれを利用してうちの流れに完全に持って行けたというのが、大きな勝因かなと思いました。

ーMVPの小山内投手に一言お願いします。
今日は非常にいいピッチングをしてくれました。初回に点を取れた流れを活かしてそのまま0点に抑えていって、スムーズに攻撃できる形で守備を守ってくれて、非常にいいピッチングで、嬉しかったです。ありがたかったです。

海族王 上野祥照 監督代行 (清水宏美 より)

ー本日の試合を振り返っていかがでしょうか。
悪い点ばかりで、いつもの野球ができませんでした。

ーいつもの持ち味は、どのような点が出せなかったでしょうか。
ピッチャー陣がちゃんとまとまって投げて、それを守備がフォローし、そこから打撃につながっていくチームなのですが、ピッチャーがダメダメだったので、全然ダメでした。

ー次の試合に向けて抱負をお願いします。
次は打ち勝ちたいです。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る