マリーンスターズ打ち勝って五回コールド!

横濱マリーンスターズ vs  駒場 Waste Headers (16-4)

2016年6月11日 羽根木公園野球場

担当:清水宏美  撮影:富田 隆



横濱マリーンスターズは初回、立ち上がりが整い切らない駒場Waste Headersから4安打7点を奪い取る。駒場Waste Headersも長打を織り交ぜ反撃に出たが、先発の嶋田投手が要所で抑え、リードを守り続けた。そして五回に、再びビックイニングをつくり、快勝を果たした。ヒーローの松本選手と、植木選手・ラジャ選手の3選手が2安打3打点ずつを記録。気持ち良く打っての勝利となった。

駒場Waste Headersは、ショートのダイビングキャッチや、ピッチャー強襲でこぼれた球をキャッチャーがフォローし捕球したその手での矢のような送球など、ところどころでファインプレーが光っていた。打撃でも、打ち気が全面に出た勝気なバッティングを見せ、試合に慣れてくれば大きく飛躍するのではないかという予感を抱かされた。



試合後インタビュー

横濱マリーンスターズ 松本勇人 選手 (清水宏美 より)

ヒーローインタビューです。

ー2安打3打点おめでとうございます。
はい、ありがとうございます。

ー初回、どのような気持ちで打席に入りましたか?
前のバッターがフォアボールで出てたので、初球ストライク取りに来るなと思っていたので、初球から思いっきりいこうと思って打ちました。

ー見事狙い通りでした。二回目の打席は長打が出ました。いかがでしたか?
その打席も、前のバッターがフォアボールで、満塁だったので、とにかくもうヒットを打つしかないなと思って、粘って、なんとか打てたなという感じでした。

ー今日はけっこう好調でしたか?
はい。よかったです。

ー好調の秘訣があれば教えてください。
去年そんなに参加できなく、今年連続で試合に出れたので、その辺で体も慣れていたんだと思います。

ー今シーズンの意気込みを最後お願いします。
今シーズンはできるだけ多く試合に出て、チームのために貢献できるようにがんばっていきたいと思います。

横濱マリーンスターズ 井上 慎 監督 (清水宏美 より)

ー本日、おめでとうございます。
ありがとうございます。

ー本日の勝因からお願いします。
ピッチャー先発の嶋田がしっかり試合をつくってくれたということです。あとは、初回にちゃんと点が取れたということ。初回その後の点は僕のせいで、僕のフィールダースチョイスでやっちゃったんですけど、流れを渡さずしっかり先発の役目を果たしてくれたと思います。

ー一回・五回とビックイニングになりましたが、みなさん打撃はいかがでしたか?
打撃的には、松本と植木がいいときに打ってくれたと、3打点と4打点だと思うんですけど、2人ともヒーローって言いたいくらいです。(チームメイトに突如バットを渡されて)僕もね、こういうバットで打てたんですよね。相手チームさんにはビヨンドだって思われてたんですけど、僕はSSKです。なので次回やるときは「SSKだよ」って言ってくれれば嬉しいです。この動画は載せないでください(笑)。
僕も久々にいい当たりが出たので、

ーホームランもどきが、もどきというか・・・
もどき?あ、そう(笑)。スリーベースということで。気持ちよかったです。またこれからも打てればと思います。
ありがとうございました。

※SSKのくだり補足:試合中、井上さんが打席に入った際「バッター、ビヨンドっぽいよー」「いえ、ビヨンドじゃないです」という掛け合いで笑いが起こっていました

駒場 Waste Headers 原章浩 監督代行 (清水宏美 より)

ー今日の試合を振り返っていかがですか。
今日はチームメンバーみんなすごい久しぶりの野球ということでちょっともったいないところでエラーをしてしまって、それをきっかけに崩れてしまったかなという感じです。

ーデビュー戦でしたが、今後の意気込みをお願いします。
今後は今日みたいな試合にならないように、気を引き締めて邁進していきたいと思います。

ー次回がんばってください。
はい、ありがとうございます。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る