ジャンキーズB 投手戦制し快勝

和田町ヤンキース vs  ジャンキーズB (0-2)

2016年6月11日 多摩川緑地野球場

担当:鏡尚樹  撮影:アンドレア



気温は高かったものの風が吹き比較的過ごしやすい中での試合。ジャンキーズBは初回、四球と単打でチャンスを作り迎えるはクリーンアップ。先制点が期待されたが、4番の柏崎選手と5番の荒木選手が凡退し絶好の機会を逃した。3回裏、ジャンキーズは2死1・3で再びチャンスで4番の柏崎に打席が回るがここも決めきれず0行進が続いていく。4回裏もジャンキーズ。相手のエラーで無死2塁、ここで荒木選手に代わり俊足の野田選手が起用される。打者は冨樫選手、4球目を打ち打球は一塁側の投手ゴロ。この打球を見て2塁走者の野田選手は3塁進塁を試みたが投手の好判断で3塁タッチアウト。ここでジャンキーズにとって痛い走塁ミスとなった。その後内田選手が2塁打を放ち2死2・3塁とするも後続が倒れ結局無失点に終わる。5回裏、ジャンキーズは2番小池選手が粘りに粘り11球目で四球を選んで出塁。盗塁と進塁打で無死3塁のチャンスで三度柏崎選手が回るがし初球を打ち凡退。両チーム要所を締める投球を見せるも打線の援護に恵まれず暑さもあって厳しい試合となる。試合終盤の6回裏、先頭は先ほど走塁ミスした野田選手。安打と盗塁でチャンスメーク、エラーもあり無死1・3塁のチャンス。7番平林選手がタイムリーを放ちようやく試合の均衡が破れる。その後ワイルドピッチがありジャンキーズは2点を先制した。最終回和田町ヤンキースはチャンスを作るも無失点。決め手を欠いた。試合は2-0でジャンキーズBが投手戦を制した。
■和田町ヤンキースの栗栖投手は何度もピンチでクリーンアップと対戦するも見事打ち取って凌いできたが6回についに崩れた。ジャンキーズBの内田投手も同様に、味方打線が何度もチャンスを作るが点を入れられず精神的にも身体的にも苦しくなるところだが、左のエースとして相手投手に負けずとひたすら投げ続けた。
■両チーム終始攻めあぐねている印象だった。和田町ヤンキースは左投手独特の角度あるストレートとスライダーに苦戦。ジャンキーズBはチャンスを作るもののクリーンアップがことごとく凡退し、試合には勝利したが良い投手相手に課題が残る結果となった。



試合後インタビュー

ジャンキーズB 内田大樹 選手 (鏡尚樹 より)

ヒーローインタビュー

Q.7回完封勝利ということでしたが、どの球種がよかったですか
A.基本的にはストレートです。

Q.非常に腕が振れている印象でした
A.肩と体が軽かったです。

Q.なかなか援護点がもらえませんでしたがメンタル面はいかがでしたか
A.0点で抑えていれば必ず野手が打ってくれると信じていました。

Q.最終回にピンチがありましたが気持ちはいかがでしたか
A.打たれてから切り替えが大事なので次の打者に挑むということを心がけました

ジャンキーズB 柏崎修一 監督 (鏡尚樹 より)

Q.本日は7回完封勝利投手の調子はいかがでしたか
A.被安打2でしたし要所を抑えましたし、ストレートがよく僕のリードに間違いがなければ大丈夫だと思いました。

Q.クリーンアップがチャンスで打てず点がなかなか入りませんでした
A.4番の僕が全部チャンスで凡退し、もし負けていたらクリーンアップの責任でした。しかしそれ以外の選手が出塁するなり足をからめるなり、打てなくても点を取れるといううちらしい野球ができた。

Q.途中代走で野田選手が出ましたが、投手ゴロで3塁タッチアウトでした
A.あれは彼のミスですね。走力に自信があるので打球判断してスタート切ったと思いますがアウトということで痛手でした。

Q.その野田選手が6回にチャンスメークしました
A.彼は4割以上打っているバッターなので打つと思いました。彼が先頭で始められる流れになったということが大きかったと思います。

和田町ヤンキース 本郷友洋 監督 (鏡尚樹 より)

Q.完封負けでしたけれども、打撃陣の調子はいかがでしたか
A.前にも対戦したこともあり良いピッチャーということは知っていました。何とか点に結び付けたかったです。

Q.栗栖投手は非常に良いピッチングだったので応えたかったですね
A.低めを丁寧についていましたし、よかったです。

Q.次の試合に向けて一言お願いします
A.上位のチームと対戦すると良いピッチャーが出てくると思うので先制点を取って守り抜きたいです。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る