投手戦? 3回に1点を分け合い引き分け

和田町ヤンキース vs  アルビレックス蒲田 (1-1)

2016年6月11日 多摩川緑地野球場

担当:鏡尚樹  撮影:アンドレア



和田町ヤンキースは1回表、四球で出した走者を進め2死3塁のチャンスを作り4番の江川選手だったが三振に終わり無失点。裏のアルビレックスも敵失と四死球で2死満塁とこちらも先制のチャンスを作るが、三振に打ち取られ両チーム立ち上がりにチャンスをものにできない。2回も両チーム得点圏までランナーを進めるものの後続が凡退し点が奪えない。3回和田町ヤンキースは安打の走者を3塁まで進め、2死3塁までまたも4番江川選手の打席。初球の球がワイルドピッチとなり走者生還、ヤンキースが先制する。その裏、アルビレックス蒲田は先頭小川選手が2塁打を放ち、その後走者を進め1死3塁で4番の吉田選手を迎える。2球目の打球はサードゴロだったが、3塁走者の小川選手の判断がよくFCを誘い本塁生還。先制された直後に同点に追いついた。なおもチャンスを広げ2死満塁で中島選手だったが三振に終わる。最終回の和田町ヤンキースは1死1・3塁の絶好のチャンスだったが内野ゴロ3塁走者アウト。結局無得点で勝ちが消える。裏のアルビレックス蒲田は、四球とワイルドピッチがあり2死3塁とサヨナラのチャンスを作るものの一打が出ず、引き分けとなった。
この試合は両チームチャンスを作るもののなかなか点が奪えなかった。残塁は、和田町ヤンキースが5。アルビレックス蒲田は12とチャンスでの一打を欠いた。両投手非常に調子がよかったことでもある。和田町ヤンキースは今日も投手陣が奮闘した。



試合後インタビュー

アルビレックス蒲田 吉田佳祐 監督 (鏡尚樹 より)

Q.引き分けでしたが、投手は非常に安定していました
A.投手は調子がよかったです。それを応えられなかった野手のせいで引き分けでした。

Q.3回の得点の場面ですが、3塁走者は好走塁でしたね
A.あれは小川君のおかげですね。非常にスタートがよく、あれがなければ負けていました。

Q.あそこの場面、欲を言えばタイムリーが欲しかったですね
A.それはチームの皆さんにすいませんでした。

Q.これからの試合に向けて一言お願いします
A.これから暑くなりますが体調管理に気を付けて、過ごしていきたいです。

和田町ヤンキース 本郷友洋 監督 (鏡尚樹 より)

Q.引き分けでしたけれども、決め手に欠きましたね
A.正規のメンバーが少ない中でサインプレーの確認が取れず、仕方なかったと思います

Q.その中でこの試合も投手が活躍しました。本当に投手陣安定しています
A.栗栖と江川の2本の柱でやりくりしているので頼りにしています。
Q.これからの試合に向けて一言お願いします
A.人不足で苦しいですがそれでも勝てる試合をものにして上位に行きたいです。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る