ビッグイニングをものにしたVADERS勝利!

VADERS vs  アカツキ (6-2)

2016年6月5日 大宮けんぽグラウンド

担当:大垣伸悟  撮影:富田 隆



<都内が雨天中止多発の中 大宮は野球日和>

前日からの天気予報は雨であったにも関わらず、局所的に晴れ続けていた大宮けんぽグラウンドではこの日も多くの野球チームが試合を楽しんでいました。

<ベストメンバーでないながらポジション調整で工夫するアカツキ>

仕事の都合で内野3選手(三塁手、遊撃手、二塁手)が来れないという不遇に見舞われながらも、それでも本職でないポジションながらこまめに守備位置を変更し対応するアカツキ。試合後に反省点として述べておられましたが個々人の守備力と試合の流れに関して、注意を払いながら試合を進めていました。

<初先発の伊藤投手が3回無失点の好投>

マウンドに立ったVADERS伊藤投手は「とても緊張していた」とコメントされていましたが、落ち着いたマウンドさばきで、3回無失点の好投。守備のリズムを崩さないように自身の投球のリズムも一定にすることを心がけていたということで、立ち上がりからの試合を作る責務を全うしました。

<4回小沼・奥本が適打でビッグイニングを作る>

試合が大きく動いたのは4回。満塁の場面で5番小沼選手のタイムリーで1点を返すと続く6番奥本選手がタイムリーツーベースでさらに2点を追加。相手守備の動揺を誘いエラーも絡み7番吉野選手8番岸田選手と追加得点を重ね一挙5点の猛攻となりました。

<試合後のエールで互いを称え合う両チーム>

アカツキがその後1点ずつ返すも試合時間いっぱいとなり試合終了。試合後それぞれのチームが相手チームを讃えるエールコールを送る際に、貰ったエールに見合う以上のエールを返し合っているシーンがスポーツマンシップらしくとても印象的でした。

両チームの皆さんお疲れ様でした!



試合後インタビュー

VADERS 伊藤康孝 選手 (大垣伸悟 より)

ー本日のヒーローインタビューおめでとうございます

「ありがとうございます」

ー今日はナイスピッチングでした。マウンドに上がる気持ちは今日は何か決めていたのでしょうか?

「いやー、ちょっと緊張がすごかったんで(手汗がすごかったんで)周りのみんなが盛り上げてくれたんで無事勝てました」

ー何か印象に残っているピッチングでの場面などありましたら聞かせてください

「そうですね、レフトに大きく飛んでったアレを取ってくれたときが一番ちょっと。。もうありがたかったです」

ー打線の方も途中から一気に爆発したような感じがあったんですけど何か打線のリズムもピッチャーとしてピッチングでなにかきっかけになるようなチーム内での声がけとかあったんでしょうか?

「声がけはみんなしてもらってたんであとはリズムを崩さないように一定間隔でちゃんと投げられるように頑張ってました」

ーでは次回以降の試合に向けて何か抱負・目標等あれば聞かせてください

「そうですね、できるだけうちのピッチャーの負担を減らすように頑張りたいと思います」

VADERS 安見政明 監督 (大垣伸悟 より)

ー今日は4回に打線が爆発しまとまった得点があったかと思いますがあのイニング監督として何かチームの方に何かアドバイスなどありましたでしょうか?

「そうですね、要所要所でサインを出しました」

ー今日は足を絡めたりあるいは両チーム共にバントの構えだとか盗塁だとか結構小さな技にお互いが牽制しあっているような感じがあったんですけどもそうした場面、監督さんから見て何か作戦等はあったんでしょうか?

「そうですね、今回は打線が繋がったんですけど足を絡めた攻撃を意識して今日は頑張りました」

ーでは次戦以降の抱負・目標等あれば聞かせてください

「そうですね、打線も調子が良いですのでこの調子のまま次戦も勝てるように頑張りたいと思います」

アカツキ 小能拓己 監督 (大垣伸悟 より)

ー本日の試合振り返って何か反省点等あれば聞かせてください

「基本的なところですね。ちゃんとランナー無茶しないとか内野ゴロちゃんと捌くとかそういったところちゃんとやって直していきたいと思っております」

ー本日スターティングメンバー、助っ人の方も入ったかと思いますがベストメンバーではないのかなと思ったんですけれどもベストメンバーと比較して本日のオーダーで何か苦労した点とかあれば聞かせてください

「いつもサード・ショート・セカンドのいつものメンバーが今日は抜けていたので初心者の人を何とか連れきてた形になんで基本的なところちゃんと出来ればまた少し安定するのかなと思っております」

ー後半、投内連携だとか、あるいは外野の守備だとか、試合の流れを大きく決めるようなところに運悪く絡んだような形で大量失点が出たかと思うのですが、あの辺り何か振り返って作戦等でもう少しこうしておけば良かった、など反省点あれば教えて下さい

「そうですね、あれは仕方がないかなと思っております。ただあの今日僕がスローボール中心になっていたので皆引っ張る中心になっていたのでセンターをライトに入れるなどにするのはあったのかなと思っております」

ーでは次戦以降の抱負・目標等あれば聞かせてください

「ぜひベストメンバーで臨ませていただきますのでぜひ試合できる方をお待ちしております」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年7月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る