ジャンキーズB逃げ切り勝利!

2814_0604_469

ジェネシス vs  ジャンキーズB (4-6)

2016年6月4日 三鷹市大沢野川グラウンド

担当:清水宏美  撮影:絵田 真愛



ジェネシス4割越え打者の角南選手の、初回ド頭ホームランで幕を開けたこの試合。しかし、ジャンキーズBが要所でタイムリーを出し、逆転、5点差とする。二回で右中間を抜きこの試合の初打点を挙げた大井選手が今日のヒーロー。打順1番に初抜擢されたというこの日にしっかり結果を残した。

粘るジェネシスは五回で先頭打者杉本選手のレフトオーバー二塁打から角南選手のヒットや相手のエラーに絡めての得点で1点差まで詰め寄るも、酒井投手がその後を打ち取り、追いつけず。五回裏、ジャンキーズB柏崎選手の駄目押しホームランも出て、4-6で時間打ち切りジャンキーズBの逃げ切り勝利となった。



試合後インタビュー

ジャンキーズB 大井祐 選手 (清水宏美 より)

ヒーローインタビューです。

ー本日初打点おめでとうございました。満塁のシーン、四球押し出しで初得点が入ったあとの打順でしたが、どのような気持ちで打席に入りましたか?
最初の第一打席の初球がちょっと甘い変化球があったので、その変化球をずっと待っていました。

ー実際当たった時の感触はいかがでしたか?
打った瞬間、ヒットにはなるなと思いました。自然にバットが出てよかったと思います。

ー今日はけっこうバッティングの調子は良かったですか?
そうですね。こんなに良いのは初めてです(笑)。

ー良かった理由とかはあるのでしょうか?
ちょっと久しぶりだったので、リラックスして入れたというのがあります。もともと下位打線なんですけど、今日一番に抜擢されたので、そこでしっかりやろうという気持ちを持ってたんで、そういうところが出たのかなと思います。

ーナイス抜擢でしたね。次の試合への意気込みで締めてください。
まだまだこれから暑くなってくるので、この調子を維持してがんばっていきたいと思います。

ジャンキーズB 柏崎修一 監督 (清水宏美 より)

ー本日の勝因を教えてください。
点を取りたい回で、相手からもらったエラー・フォアボールに絡めて、きっちりタイムリーが出たところが大きかったなと思っています。

ー要所要所でいいヒットが出ていましたが、今日の打線は意図があったのでしょうか?
いつも打っている主軸のバッターが今日はいなかったので、ヒーローの大井を今日は一番に抜擢したんですけれど、彼がきっちりいい働きをしてくれた、そこが今日は一番大きいポイントになったかなと思います。

ー采配の意図がうまく働きました。酒井投手のピッチングはどうでしたでしょうか?
なんとか粘りのピッチングを続けていました。相手チームがスルーイングも鋭くて振ってくるチームだったので、ヒットは打たれるとは思っていたのですが、それでも要所要所を抑えてくれました。ちょっと最後守備に足を引っ張られたのがかわいそうだなと思いました。

ー本日を踏まえ、次への意気込みをお願いします。
うちはそんなに打つチームじゃなくピッチャー中心に守り勝つ野球を目指しているので、次は打てなかったとしてもきっちり守り勝てるようにがんばります。

ジェネシス 植松哲史 監督 (清水宏美 より)

ー本日の試合を振り返ってみていかがでしょうか?
ミスが多いのと、バッティングはまあでもちょいちょい打ててるので、ミスが多いのがどうにかなればいいと思います。

ー有野投手のピッチングはいかがでしたか?
いいところいってたんですけど、今日はストライクゾーンが狭かったので、得意なギリギリのところが取ってもらえなくて、甘いところにいったのが打たれたという感じだったので、今日の審判に合わせた投球ができればもっとよかったんですけど、その試合その審判によってストライクゾーンも違うので、もっと対応できればもっとよかったんですけど。でも、球自体はいいところにいっていたので、次の試合にまた期待したいと思います。

ー次に向けてがんばってください。
ありがとうございます。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る