早坂 柵越えHRからのビックイニング!Reds快勝!

RiceFevers vs  Reds (3-9)

2016年5月29日 池子自然の森公園野球場

担当:清水宏美  撮影:佐藤武志



初回裏、四死球で先頭2人が出塁した後、大きなアーチを描いたのはReds3番早坂選手。「ビヨンドめっちゃ飛ぶ!!ちょー嬉しい!」と喜びの3打点。その後もRedsは相手のエラーを逃さず要所でヒットも出し、初回で一気に7点を計上した。
対するRiceFeversは長打で得点しつつ追い上げようとするものの、打線がつながりきらず、最終的に初回の6点差のままRedsの勝利となった。



試合後インタビュー

Reds 早坂俊輝 選手 (清水宏美 より)

ヒーローインタビューです。

ー本日見事な柵越えホームラン、おめでとうございました。
ありがとうございます。

ー打席に立った時の気持ちを教えてください。
甘い球が来たら振り抜こうという考えて立ちました。

ー大きな当たりでしたが、当たった時の感触はどうでしたか?
当たったときの感触は、行ったなと思ったんですが、入ってみたらけっこうギリギリのホームランでした。

ー次への意気込みをお願いします。
今日初ヒットだったんで、次もしっかり打てるようにがんばります。

Reds 鈴木悠介 監督 (清水宏美 より)

ー本日おめでとうございました。
ありがとうございます。

ー勝因を教えてください。
初回に点数を取られてしまってちょっと流れが悪かったんですけど、そこでうちの3番の早坂が今日はしっかりとチャンスで打ってくれて、さらに一番いい結果のホームランで3点とってくれたのが一番勝因だったかなと思います。

ー投手の采配についても教えてください。
ある程度前半で点差が離れたので、少しうちとしても挑戦してみたいバッテリーだったのでそこで一回挑戦してみて今後に活かせたらなという意味で早めに切り替えて、どれくらいやれるか試してみたら、けっこううまくハマってくれたので、今後もそこを試合に勝てるように活かしていけたらなと思います。

ー次への意気込みを最後お願いします。
今日は比較的ランナーが溜まったところで打てたので、特に3番の早坂がいいところで打ってくれたので、流れがこっちのままずっと展開していけたので勝ったと思うので、次回も自分たちの流れのままずっと最終回まで持っていけるようにしていきたいです。

RiceFevers 大津敏裕 監督 (清水宏美 より)

ー本日ハプニングもありましたが、試合を振り返ってみていただいてどうでしたか?
守備の面でエラーがあったのと、ピッチャーの継投の理由としては先発が抑えられなかったというのがあったため連続で替えたんですけど、ピッチャーの練習も必要なのかなと思います。

ー投げた方はみなさん投手経験ありですか?
はい。

ー良かった点をお願いします。
良かった点は特にないんですけど、練習が必要なんだと思いました。バッティングの方も練習含め試合を経験して次の勝利を勝ち取りたいと考えております。

ー相手チームのRedsさんに一言お願いします。
次もがんばって勝ってください。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る