和田町ヤンキース ウグパラにコールド勝ちでダブルヘッダー2連勝

2786_IMG_0407

鶯谷パラダイス vs  和田町ヤンキース (1-8)

2016年5月28日 こども自然公園野球場

担当:鏡尚樹  撮影:松川 達也



緑で囲まれた球場での試合。ウグパラの選手たちが会場入りした時、球場内にウグイスの鳴き声が響き渡っていた。ウグイスに見守られている中流れを作りたいウグパラだったが、初回いきなりピンチを迎える。無死2・3塁で3番に入った高橋健選手がタイムリーを放ちまず1点、続く4番の江川選手にもタイムリーが飛び出しもう1点。その後赤尾選手の犠牲フライや内野ゴロの間の点などで和田町ヤンキースが初回4点を先制する。直後の2回表。無安打でチャンスを作ったウグパラは、萱沼選手のタイムリーで1点を返すことに成功する。しかしヤンキースは攻撃の手を緩めない。2回裏は高橋健選手と江川選手のタイムリーなどで3点追加。さらに4回。布施選手の2試合連続タイムリーでもう1点。コールドのかかった5回表も無難に無失点に抑え試合終了。和田町ヤンキースがダブルヘッダー2連勝を飾った。

■投手が好成績だった和田町ヤンキース

2試合合計12イニングを1失点と投手の内容がよく、攻撃への流れをうまく作ることができた。江川選手は打ってよし投げてよし“二刀流”であった。

■クリーンアップがうまく機能

この試合8点を奪った。その中で3番の高橋健選手と4番の江川選手は2つのタイムリーを放ちよい得点源となった。上位打線の活躍も評価していきたいところだ。

■見せ場をなかなか見せられなかった鶯谷パラダイス

和田町ヤンキースが1試合目に好ゲームを繰り広げた流れをそのまま持ち込まれてしまった。投手は8失点と打ちこまれ、打線は1得点と沈黙。2桁得点を挙げた試合もあるだけにウグパラ打線の奮起に期待したい。



試合後インタビュー

和田町ヤンキース 高橋健 選手 (鏡尚樹 より)

ヒーローインタビュー
Q.本日は2安打2打点ということで、打順に見合ったいい活躍だったのではないでしょうか
A.期待はされていたのかと思います。

Q.狙っていた球などありますか
A.初球からとにかく振っていこうという気持ちだったので、それがいい結果につながってよかったです。

Q.普段からこの打順なのですか
A.チームに強打者が多いので、自分にめぐってきたチャンスで打てて良かったです

Q.1試合目は投手戦で勝利、2試合目はよく打って勝利ということでしたが
A.打っても勝てて、守っても勝てるということはチーム状態がいいと思います。

Q.これからの試合に向けて一言お願いします
A.どんどん緩めず打っていきたいと思います。

和田町ヤンキース 岡村拳斗 監督 (鏡尚樹 より)

Q.1試合目とは違いかなり打ちました
A.他のみんなは調子がいいようですが僕が落ちてきていたので、みんなについていけるようにしたいです。

Q.高橋選手が2打点ということですが、この活躍はいかがですか
A.先週から続き調子が上がってきているので明日の試合も頑張ってほしいです。

Q.この試合も投手がよかったのですが、これだけ良い投手2人いると起用に悩みませんか
A.そうですが、2試合目の投手は少し球数が多かったので、その点で評価すると栗栖さんの方が上だと思います。

Q.これからの試合に向けて一言お願いします
A.全力で戦いまたチャンピオンシップに出られるように頑張ります。

鶯谷パラダイス 清水洋佑 監督 (鏡尚樹 より)

Q.本日は大差の試合となりましたが敗因は何でしょうか
A.先発投手がリズムを作れなかったのと、相手投手がよくなかなか打てなかったところです。

Q.いい当たりが出ていたので打線の調子自体は悪く思えませんでした。
A.チャンスは何回か作れましたが、そこから点につながりませんでした。

Q.これからの試合に向けて一言お願いします
A.今日できた宿題をクリアして次勝ちたいと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る