貫禄のハピネット 鉄壁かつ隙ない打線で圧勝

株式会社ハピネット vs  ジャンキーズB (8-1)

2016年5月21日 三鷹市大沢総合グラウンド

担当:川村衣津子  撮影:絵田 真愛



今シーズン3連勝で勢いあるジャンキーズBと、試合は多くないが好ゲームをみせているハピネット株式会社との好カードが行われた。
試合は、二回清水選手の2点タイムリーでハピネットが先制。四回にも四死球・敵失の好機にタイムリーヒットでたたみかけ、5回コールドでハピネットの勝利となった。

■ハピネット清水選手 タイムリーで先制

初回両者0で穏やかな幕開けとなったが、二回表、ハピネットが均衡を破った。
無死満塁、8番高橋選手はファーストゴロ。ジャンキーズBが三塁走者封殺でピンチを切り抜ける。なおも1死満塁で9番清水選手、2ボール2ストライク、ファールで粘った後の6球目。低めのストレートを打つとレフト前へ転がり先制2点タイムリーとなった。

■好機逃さず ハピネットが追加点重ねる

四回表ハピネットの攻撃。1死満塁、1番板橋選手のショートゴロの間に1点、続けて敵失・4番金田選手のレフト前タイムリー・ジャンキーズB道元投手へ交代後もゴロで敵失を誘い、この回6点を追加した。

■四回裏 ジャンキーズB 意地をみせる

山田大地選手・山田章人選手がヒットで出塁し2死二・三塁の場面で、5番道元選手のショートゴロ間に三塁走者が生還。直後、二塁走者が二-三塁間挟殺プレー(6-4-5)にてタッチアウト。反撃は1点で留まった。

■華麗な守備力 ハピネット

金田監督のコメント通り、内野の守備が堅い鉄壁守備のハピネット。
先発の村上投手は、2回打者6名被安打0。続く神谷投手の長身から投げだされる速球には威力があった。内野ゴロ・フライはどんな体勢、どんなバウンドにも合わせて捕球、華やかなフィールディングを魅せていた。
ハピネットの華麗なる守備、今後の試合でも期待しています。



試合後インタビュー

株式会社ハピネット 清水貴裕 選手 (川村衣津子 より)

【ヒーローインタビュー】

■2回表満塁の場面でタイムリーヒット、どんな気持ちで打席に立ちましたか?
先制点が欲しかったので、ゴロを転がす気持ちで打ちました。

■打った球種は?
低めのストレートです。

■次戦に向けての意気込み
全勝目指して頑張っていきます。

株式会社ハピネット 金田豊 監督 (川村衣津子 より)

■試合を振り返って
相手がフォアボールを出してくれた時に、欲しい所でタイムリーの先制ができ、試合を有利に進めることができました。

■見事な継投策での勝利でした。守備について作戦はありましたか?
ピッチャーはストライク先行で投げて、打たせて取るようなピッチングです。うちは内野の守備が堅いチームなので、内野でアウトを取っていく所が成功したと思います。

■次戦に向けての意気込み
1試合1試合チーム一丸となって、勝利を目指して頑張っていきたいと思います。

ジャンキーズB 柏崎修一 監督 (川村衣津子 より)

■試合を振り返って
もともと、メンバーの揃いが悪かったにせよ、ピッチャーがばたついて、守備が足を引っ張りという試合だったので。こういう展開になって当然かなぁという気持ちです。

■次戦に向けての意気込み
次はちゃんと守り勝てるように、もう1回気持ちを入れ直して頑張ります。

【6thゴールデングラブ受賞 柏崎選手 インタビュー 】

■6thシーズンゴールデングラブ賞受賞おめでとうございます。
選出理由として、
「ピッチャーとの連携を密に取り、守備の要(キャッチャー)として試合を作っている」所を評価いたしました。
柏崎選手より、喜びのコメントを頂きました。

『もっと素晴らしい選手はいっぱいいると思うんですけど、いっぱい試合に出てチームの皆と勝利に向けて一生懸命やってきたことが、こういった受賞につながったのだと思います。
嬉しく思います。ありがとうございます。』

柏崎選手には、ミズノよりワールドウィンMマークモデルが贈られました。
おめでとうございました!!!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る