拮抗を崩した五回の2タイムリー Vrocksデビュー戦勝利

e-Pirates vs  Vrocks (2-5)

2016年5月21日 城北中央公園野球場

担当:清水宏美  撮影:佐藤武志



■両チーム譲らない展開

e-Piratesが4番田中選手のタイムリー内安打で先制。Vrocksが捕手からの牽制のスキをついて2点。e-Pirates大澤選手が高めの球を強引にセンター返しで鮮烈な同点打。

■拮抗を崩したVrocks小沢タイムリー

五回裏、同点に追いつかれたVrocks、ランナー一塁で迎えた打者が8番小沢選手。サードの頭を抜けた球はレフトへと飛んでいき、勝ち越しの二塁打。そして3番淺野選手がライトオーバーの三塁打で2打点をあげ、試合を一気にVrocksに引き寄せた。
そしてその流れを汲んだ山室投手が残る二回をしっかり押さえ、Vrocksの勝ちを決めた。



試合後インタビュー

Vrocks 小沢佑介 選手 (清水宏美 より)

ヒーローインタビューです。

ー勝ち越しの二塁打でした。打席に立ったときの気持ちを教えてください。
追いつかれてちょっといやなムードだったのですが、森廣くんががんばって投げていたので、ちゃんと勝ち越してあげたいなと思っていました。

ー待ってた球種はありましたか?
インロウをドンピシャで待っていたので、ちょうどうまく手が出ました。

ー当たった瞬間の手応えはいかがでしたか?
手応えはあったんですけど、ちょっと弾道が低かったのでサードに捕られるかなと思っていたんですけども、ちょうど頭の上をきれいに抜けてくれたので、ホッとした気持ちでした。

ーリーグへの意気込みをお願いします。
本日は助っ人の方々の力もとても大きかったので、淺野さんの言っていた通り、自分たちのメンバーだけでしっかりと勝ち続けていけたらいいなと思っています。

Vrocks 淺野泰之 監督 (清水宏美 より)

ーデビュー戦勝利おめでとうございます。
ありがとうございます。

ー勝因をお願いします。
小沢が見事にタイムリーを打ってくれたのと、あとは僕のダメ押しの2点タイムリーだと思います(笑)。

ー打撃も好調でした。普段とくらべていかがでしたか?
普段もこんなもんと言えばこんなもんなんですけど、今日はちょうどいいところでヒットが出て点につながったので良かったと思います。

ー森廣投手のピッチングはいかがでしたか?
今日はフォアボールが少なく非常にいいピッチングをしてくれたので、とても頼りになるピッチャーでした。

ーリーグへの意気込みをお願いします。
今日は人数が9人しか集まらなかったので、もっと人数を集め、助っ人なしで参加できるようにしていきたいです。

e-Pirates 中川哲雄 監督 (清水宏美 より)

ー惜しい試合でしたが、振り返ってみてよかった点をお願いします。
勢いはよかったと思います。ここっていうところでダメだったという感じです。

ー印象に残っているシーンはありますか?
キャッチャーの投げなくていいセカンドへの送球。最後のレフトオーバーの、走らなくていい三塁への走塁。このふたつが非常に残念なところでした。

ー本日自責点ゼロの山室投手にも一言お願いします。
ピッチャーはいいので、そのうち勝てるようになるかなと思います。がんばっていきます。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る