Reds木村選手の一打が、膠着状態の試合を勝利へ!!

2749_DSC_0381

Reds vs  B.M.R (11-2)

2016年5月15日 大宮けんぽグラウンド

担当:岡翔子  撮影:清水宏美



初夏の日差しが照りつける大宮けんぽ球場、2-2と均衡した試合が進む中、Redsが六回に9得点の猛攻を見せる。
そのきっかけとなったのは、この試合ヒーローの6番木村選手の放ったライトオーバーのスリーベースヒットだった!!

■初回からRedsの機動力プレーが決まる!

Redsは初回、相手投手の制球が定まらないうちに機動力を生かしプレッシャーをかけ、2得点を挙げる。
投げては四回より登板の小山内投手が四、五回をそれぞれ打者3人で抑え、六回の攻撃へ繋げる快投を見せた!

■B.M.R三谷投手の三振ショー!

先制されたB.M.Rだったが、その裏相手のエラーを誘い2得点。試合を振り出しに戻すと、2番手で登板の三谷投手が二回表を3者連続三振で抑えるなど好投を見せ、Reds打線を沈黙!追加点を許さない。

■最終回も走るReds!

最終回Redsの攻撃。相手投手が交代、先頭打者の木村選手が『狙っていた球が来た』と初球を捉えると、快速を飛ばし三塁を陥れる。その後守備の乱れを突くRedsの足で大量得点を奪い、試合を決めた!



試合後インタビュー

Reds 木村愛輝 選手 (岡翔子 より)

ヒーローインタビュー

-最終回、初球から狙っていた球があったんですか
ピッチャーが変則ピッチャーだったので、引っ張って力尽くで打つよりは、その球の勢いを使って合わせて打つっていうのを、チームメイトに教えてもらったので、意識して初球を狙っていきました。

-次戦に向けて
再来週また2連戦があるので、そこでもまた成績を残せるように、集中していきたいと思います!

Reds 鈴木悠介 代表 (岡翔子 より)

-本日の勝因は何でしょう
初回からウチの持ち味である”走りながらどんどん塁を進めていく”というのはできたんですけど、チャンスで自分たちで点を取れなかったのが、いつもなんですけど、残塁が多いので、そこをこれからは改善して、しっかりチャンスで打てるような打順を組んで、もっと良い流れで点を取れるようにしていきたいです。

-チームで意識したことはありますか
最初三振が多かったので、とりあえずボールに当てることを意識して、最後木村君がその意識でスリーベースを打てたんじゃないかなと思います。

-ではその木村選手へ一言!
いつもは正直あんまり、大砲みたいに打つか打たないかどっちかなんですけど、今日は見事に良いところでしっかり打ってくれたので、非常にチームとして助かったので、次回もああいう一発を打ってくれることを期待してます!

-次戦に向けて
今、連勝で勢いがあるので、この勢いを使ってどんどん自分たちの持ち味を出して、一戦一戦集中して勝っていきたいなと思います。

-最後リクエストがあったので味岡選手へ一言!
全体としては引っ張ってくれているので、非常に助かっています。今後はバッティングの面で!もっと活躍してもらえると戦力的に助かるので、そこは打って頂けると嬉しいです!!

B.M.R 本橋和樹 監督代行 (岡翔子 より)

-本日の試合を振り返って
試合の中盤までは2-2で競っていたんですけど、審判の方に「この回で最終回」って言われてから、まず先頭打者にスリーベースヒットを打たれ、そこからちょっとグダりました。それが敗因だと思います。

-対戦相手のReds、いかがでしたか
最後まで集中力を切らさずに、ここぞという時に打ってきたので、強いなあと思いました。

-次戦に向けて
個人的にはトリプルスリー狙います!チーム全体では勝率をもっと上げたいです。大学で練習してきます!!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る