山田・荒明・藤枝!盤石の投手リレーでワイルドキャッツ 2度目の栄冠を掴む

2724_IMG_7872

ROCKET LAUNCHERS vs  ワイルドキャッツ (1-3)

2016年4月30日 稲城中央公園野球場

【6thシーズンチャンピオンシップ決勝】

担当:吉田将来  撮影:松川達也



「これ以上ない決勝日和」そう思わせる晴天の下、稲城中央公園野球場で行われた6thシーズンチャンピオンシップ決勝戦。

1-1で迎えた2回ウラ。ワイルドキャッツ8番山田選手が先頭で出塁。その後3塁まで進むと、パスボールの間に勝ち越しのホームを踏み2-1に。

ROCKET LAUNCHERSも守備からリズムを作り、反撃を狙いますが、山田投手・荒明投手・藤枝投手の3投手が追加点を許しません。

5回に降幡選手のタイムリーでワイルドキャッツが貴重な3点目を挙げます。

最後はワイルドキャッツの3番手 藤枝投手が細谷選手を空振り三振に打ち取り、3-1でワイルドキャッツが6thシーズンのチャンピンに輝きました。

■一瞬のスキをつく!山田の好走塁が勝ち越し点を生む

ROCKET LAUNCHERSは1点ビハインド直後の2回表、満塁のチャンスを作り、8番井出選手のセカンドゴロの間に同点に追いつきます。

しかし、そこで相手に流れを渡さないのがワイルドキャッツ。

セカンドゴロの一塁送球の間にホームを狙った2人目のランナーを落ち着いてアウトにし、2点目を阻止。

続く2回ウラ。フォアボールで出塁した山田選手が足で魅せます。9番山崎選手のバントで2塁に進塁すると、バント処理の間に無人となっていたサードベースを見逃さず、一気に3塁まで進塁します。

その直後、1番野口選手の初球がパスボールとなり、ホームイン。山田選手の一瞬のスキをつく走塁が、勝ち越し点を生みました。

■ROCKET LAUNCHERS 細谷・大久保の両サウスポーが粘りのピッチング

ワイルドキャッツのつながりのある打線に対し、粘りのピッチングを見せたのが ROCKET LAUNCHERS先発 細谷投手と2番手 大久保投手の2人の左腕。

度々ピンチを迎えながらも、強気のピッチングで最少失点で切り抜けました。2人で6回を2安打5奪三振。試合のリズムを作りました。

■貴重な3点目のタイムリー&リードで投手陣を支えた降幡がMVP受賞

両チームの投手が粘りのピッチングを見せる中、優勝を手繰り寄せる一打を放ったのは、キャッチャーとしてワイルドキャッツ投手陣をリードしていた降幡選手でした。

5回ウラの2アウト2塁のチャンス。初球を振り抜いた打球はセンター前へ抜け、貴重なタイムリーに。3-1とリードを広げ、試合終盤もワイルドキャッツが主導権を握り続けました。

攻守にわたる活躍で優勝に大きく貢献した降幡選手が、チャンピオンシップ決勝の最優秀選手賞に輝きました。



試合後インタビュー

ワイルドキャッツ 降幡優巳 選手 (吉田将来 より)

ヒーローインタビュー

ーまず、守ってはキャッチャーとして投手陣をリードし、見事に試合を作りました。リード面で心がけていたことは?
「どの投手も個性があっていいピッチャーなので、ピッチャーが投げやすいようなリードを心がけていました。」

ー打っては、貴重な3点目となるタイムリー。何を考えて打席に入りましたか?
「前の回で自分がミスをしてピンチを招いてしまったので、流れを変えるという意味で一本出せれば、という思いで打席に立ちました。」

ー2度目の優勝の感想を教えてください。
「チームが勝つということが一番大事だと思うので、優勝できてよかったです。」

ー今後の抱負を一言!
「次のシーズンも優勝できるように、全員で頑張っていきたいと思います。」

ワイルドキャッツ 岩田祐輔 監督 (吉田将来 より)

ー山田投手・荒明投手・藤枝投手、3人の投手リレーについて
「元々3人で投げる予定だったので、うまくいったなという感じです。先発の山田は久しぶりでしたが、大事な試合や場面に強い人間なので、それを信じて先発にしました。予定通り、頑張ってくれて良かったです。」

ー1回に先制、追いつかれた2回にもすぐさま勝ち越し、5回に貴重な追加点。効果的な攻撃が光りました。
「『いい球を逃さないように、初球から行け』という話をしていました。前回ROCKET
LAUNCHERSさんと戦って、点が取れないシーンがいくつかあったので、いいボールは積極的に行って、早く点を取ろうというような作戦でした。」

ー2度目の優勝の感想を教えてください。
「前回5thシーズンは勝てなかったので、『ここは絶対取りたいな』という思いが個人としても、チームとしてもありました。実現できてよかったです。」

ー今後の抱負を一言!
「いい結果が続いていますが、これに甘んじずに、基本を大事にして、次も頑張りたいと思います。」

ROCKET LAUNCHERS 清水雄介 監督 (吉田将来 より)

ー試合を振り返って
「ピッチャーが立ち上がり苦しんでいて、その中で野手のミスで点を取られてしまいました。バッティングの方も、いいピッチャーがチャンスを作るんですけど一本でなかったというのが反省点です。」

ー細谷投手・大久保投手のサウスポーの2人が粘りのピッチングを見せました。
「苦しんでいる中で、要所要所でいいボールを投げてくれて、それがピンチを乗り切るところに繋がったと思います。よく頑張ってくれました。」

ー今後の抱負を一言!
「チームとして、どんどんレベルアップしていきたいと思います。力をつけて、また優勝を狙いたいです。」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る