MES.TOKYO 投手戦を制し今年初勝利

MES.TOKYO vs  アルビレックス蒲田 (2-1)

2016年4月30日 篠崎公園野球場 B鹿骨野球場

担当:鏡尚樹  撮影:知念駿太



MES.TOKYOは1回表、1・2番が連続で四球を選びいきなり先制のチャンスを迎える。しかし3・4が凡退し好機を逃すかと思われたが、5番奥野選手がファースト後方に落ちるポテンヒットを放ち2者生還。2点を先制する。試合は落ち着いていく中、3回裏。アルビレックス蒲田は安打と盗塁で2死2塁のチャンスを作る。走者の町田選手が盗塁を試み3塁へスタート。それを見た投手は3塁へ送球したがこれが悪送球。一気にホームへと駆け込み1点を返した。その後も両チームの投手が奮闘し0が続いていく。そして最終回、アルビレックス蒲田は安打や盗塁などで1死2・3塁と一打サヨナラのチャンスを迎えるが、走者を返すことができず試合に敗れた。点差と内容から見れば良い投手戦と捉えることができるが、両チーム決め手に欠いていたように思える。

■MES.TOKYO川名投手が1失点完投

本日の試合では、直球と変化球をうまく織り交ぜ、積極的に大きなスイングをする相手打者を手玉にとった。チームのエースとして欠かせない存在になる。

■MES.TOKYO濱田選手 1番の仕事を全うする

1番で先発起用された濱田選手。3つの四球でチャンスメークし、初回の得点にもつながった。また、厳しい球をカットしていきボール球をしっかり見極められていた。今後の活躍に期待したい。

■好機を生かしきれなかったアルビレックス蒲田

本日の試合では1点しか奪えなかった。試合後のインタビューでも監督の吉田さんは全然打てなかったと怒りの表情を見せていた。しっかりと試合をまとめることができる投手がいるだけに、打撃陣の奮起が必要となる。



試合後インタビュー

MES.TOKYO 川名由希也 選手 (鏡尚樹 より)

ヒーローインタビュー
Q.本日は相手打撃陣が積極的にスイングしてきましたが、何か対処法はありましたか
A.積極的にストライクを取りつつ、甘いところに入らないように上手く打たせて取りました。

Q.本日はどの球がよかったですか
A.スライダーでストライクが取れて良かったです。

Q.これからの試合に向けて一言お願いします
A.まだまだ野球シーズン始まったばかりなのでこれからまた勝っていけるように頑張ります。

MES.TOKYO 角谷康之 監督 (鏡尚樹 より)

Q.本日は投手戦で締まった試合だったのではないでしょうか
A.ピッチャーがよく頑張ってくれました。

Q.初回に2点を先制しましたが、何がよかったでしょうか
A.1・2番が四球で粘るなど上位がよかったです。相手投手がとてもよくなかなか点が取れなかったのが残念でした。

Q.守備の方も良かったのではないでしょうか
A.あまり目立ったミスがなかったので良かったです

Q.これからの試合に向けて一言お願いします
A.今回が初勝利っだたのですが、2勝目できるように頑張ります。

アルビレックス蒲田 吉田佳祐 監督 (鏡尚樹 より)

Q.本日は投手戦で締まった試合であったのではないでしょうか
A.確かに投手は頑張ってくれたのですが、バッティングが皆全然だめだったのでもう少しやる気を出してほしいですね。

Q.相手投手の対処法は何かされましたか
A.今日は対処法など無いと思います、僕は打ててますからね。皆気持ちが弱いというか、、、おかしいですね。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る