芝中おーたず矢地投手七回1失点の完投で勝利を演出!

2694_IMG_4111

B.M.R vs  芝中おーたず (1-2)

2016年4月17日 大宮けんぽグラウンド

担当:岡翔子  撮影:中尾 敦司



春の嵐に時折雨が舞う悪コンディションの大宮けんぽ球場にも関わらず、両チーム計3投手の好投に加え、四回表には芝中おーたずレフト森田浩平選手のダイビングキャッチ、六回裏にはB.M.Rセカンド橋本選手のファインプレーと、好守備も多く見られ、1点を争う好ゲームが繰り広げられた。

■風を味方に先制!

初回、芝中おーたず2番の山田選手がライト前へ打球を運び、これが風にあおられスリーベースヒットとなると、続く森選手の内野ゴロの間にホームを陥し入れ、先制点を挙げた。

■好ゲームの予感!

先制された直後の二回、B.M.R先頭の飯澤選手が死球で出塁すると7番三谷選手が2ストライクから際どい球をファールで粘った末、内野ゴロでランナーを二塁まで送り、続く小貫選手の打球が相手のエラーを誘い得点を挙げ、試合を振り出しに戻した。

■頼りになる4番!

同点で迎えた六回裏、芝中おーたずの攻撃。先頭の森選手が三塁方向への内野安打で出塁すると、続くこの日絶好調の村上選手がライト線を抜けるタイムリースリーベースを放ち勝ち越し!これが決勝点となり、芝中おーたずがチャンピオンシップに向け、大きな勝利をつかみ取った!



試合後インタビュー

芝中おーたず 矢地優作 選手 (岡翔子 より)

ヒーローインタビュー

-本日の好投の要因を教えてください。
要因は、守備に助けられたのと、投げた球をバラつかせて的を絞らせなかったことです。

-風の影響はありましたか。
風が強くて球が動いてくれたので、それも良かったのかなと思います。

-次戦に向けて
監督の話によると、次勝てば勝率5割になるらしいので、自分が投げて勝てるように頑張ります。

芝中おーたず 山田耀介 監督代行 (岡翔子 より)

-本日の2試合目を振り返って。
相手チームの個々の能力が高くて、チャンスで点を取れない場面が何回かあったんですけど、こっちも負けずに踏ん張りきれた試合かなと思います。

-MVPの矢地投手のピッチングについて(矢地投手からのリクエスト)。
久しぶりの登板だったんですが、いつも通りの矢地投手らしいピッチングができていたかなと思います。

-次戦へ向けて。
この調子で勝ちを重ねていって、最終的な結果もいい方向に持っていければ良いなと思います。

B.M.R 小貫浩司 代表 (岡翔子 より)

-本日の試合を振り返って。
風が強く、雨も降ったり、状況が悪かったんですけど(笑)おしかったですね!内容的に!

-負けてはしまいましたがいい試合でしたね、代表から見て良かった選手は誰ですか。
助っ人の3人に助けられましたね。特に2イニング目からピッチャーをやってくれた背番号8の渡辺選手です。

-次戦に向けて
今日は前回のようなエラーがあまりなく、みんなヒットも打ったりしてたんで、負けてはしまったんですけど、次もこういう試合ができたらと思います。チャンスで打てるような打線になってほしいです。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る