打っても守ってもよし ジャンキーズBがコールド勝ち

ジャンキーズB vs  アルビレックス蒲田 (13-3)

2016年4月16日 城北中央公園野球場

担当:鏡尚樹  撮影:佐藤 武志



ジャンキーズBは初回、簡単にツーアウトを取られたたがエラーや平林選手のタイムリーがあり2点を先制する。続いて2回。ジャンキーズは得点圏に走者を置きチャンスを迎えるが無得点。ピンチを抑えたアルビレックスは2本のヒットと敵失で無死満塁の大チャンスが訪れる。しかし川島選手は凡打で本塁憤死、会田選手は内野ゴロ併殺打に打ち取られチャンスを生かせなかった。流れは再びジャンキーズに。3回に秋月選手の2点タイムリー3塁打などがあり3点を追加した。負けていられないアルビレックスはその裏、ついに打線に火が付き4連打で2点を返した。しかし直後の4回表。ジャンキーズは2つのワイルドピッチと秋月選手の2点タイムリー2塁打などがあり打者10人の猛攻で6点追加。5回にも4番柏崎選手がタイムリーを放ち2点追加した。コールドがかかった5回裏。連打でチャンスメークし4番の吉田選手の内野ゴロの間に1点を入れ意地を見せた。結果、13対3でジャンキーズBが5回コールド勝ちであった。

■チャンスで結果を出した秋月選手

この日は2安打4打点とチームの勝利に大きく貢献した。このような打者がいることで多く得点が奪えるだろう。

■荒木投手が粘りのピッチング

先週の試合で無安打完封勝ちした酒井投手ではなくこの日は荒木投手が先発した。変則気味のフォームで相手のタイミングを外していた。痛打され連打を浴びるシーンも見られたが最小の被害で済んだ。

■ピンチで2つのゲッツーに打ち取ったジャンキーズ

無死満塁などがあり大量失点する展開になりかけたが、固い内野守備が光り併殺打に打ち取った。この日は2つ併殺打に処理しており、草野球では珍しい光景となった。

■ディフェンス面で課題が残ったアルビレックス蒲田

打撃はもともと光るものがあるチームなだけに、いかに失点を少なくできるかが重要になるだろう。



試合後インタビュー

ジャンキーズB 秋月 選手 (鏡尚樹 より)

ヒーローインタビュー
Q.2安打4打点ということで、チャンスでどのような気持ちでしたか
A.特に何も考えず無我の境地で打席に入りました。

Q.打順は6番で、中軸としていい活躍ができたのではないでしょうか
A.何とか貢献できてよかったです。

Q.今後の試合に向けて一言お願いします
A.優勝目指して頑張ります。

ジャンキーズB 柏崎修一 監督 (鏡尚樹 より)

Q.本日の試合は先発が酒井投手ではなく変則気味の投手でした。どのような期待をされましたか
A.もともと三振を取れるようなタイプではないので打たせて取り守備で守り勝てればという気持ちで先発起用しました。

Q.2回裏の無死満塁の場面を併殺打などがあり0で抑えることができました
A.あそこはよく守ってくれたと思います。普段から併殺とれるところで取らないと、相手のチャンスが続いてしまうということをチームとして高く意識しています。

Q.いい当たりも出ていましたが打撃の調子はいかがでしたか
A.ここ最近打撃が湿りがちだったのですが、相手投手にうまく対応できて上がり調子なのかなと思います。

Q.今後の試合に向けて一言お願いします
A.次も勝てるように全力で頑張ります。

アルビレックス蒲田 吉田佳祐 監督 (鏡尚樹 より)

Q.本日敗れはしましたが打撃陣いい当たりが出ていたのではないでしょうか
A. でもまだ足りないですね。つながりが弱いので満塁もありましたが点が全然取れなかったので反省点です。

Q. 投手の調子はいかがでしたか
A.投手のスタミナを理解していませんでした。今日投げた投手はリーグ戦で初めて投げたので今後使うときにはスタミナに気を付けたいです。

Q.これからの試合に向けて一言お願いします
A.楽しく野球をやっていきたいと思います!!!!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年3月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る