e-Pirates 走って 攻めて 守って 喜びの2勝目

2692_G-LEAGUE_14338

e-Pirates vs  HNGファイターズ (18-2)

2016年4月16日 城北中央公園野球場

担当:川村衣津子  撮影:佐藤 武志



城北中央公園野球場で、デビュー戦となるHNGファイターズと今季初勝利を目指すe-Piratesの試合が行われた。
e-Piratesは、制球に苦しむ相手バッテリーを攻め、出塁すると初回から盗塁でプレッシャーをかける。バッテリーエラーと四球押し出しにて、初回で6点を挙げた。以後田中選手のランニングホームランもあり、毎回得点を重ねて圧巻の勝利となった。
HNGファイターズは、1回に四球と内野安打で出塁すると、野選・ワイルドピッチで2点を返した。しかし、2回以降は佐方(光)投手の好投により、以後打線は沈黙。初勝利は次戦までお預けとなった。

■ e-Pirates勢いづけた、田中選手ランニングホームラン!

2回表、無死走者二塁。
5番田中選手が、中内投手の投球5球目を振りぬくと、打球は大きく上がり浅めに位置していた左翼手の頭上を越えて、レフトフェンス際まで到達。ランナー生還、続いて田中選手は見事な全力疾走でホームイン!大声援に包まれベンチに戻った田中選手。疲労の色がうかがえながらも、満面の笑みが見られた。

■ 団結力抜群 HNGファイターズ

「パパ頑張って~」
試合中、ベンチからはご家族(お子さん)の声援があり、各プレーに対して皆で声かけ合い、団結力の良さを感じました。
ミスも重なり苦しい試合でしたが、守備では中継による補殺・好プレーも見られました。
G-LEAGUEでの今後の活躍に期待しています。



試合後インタビュー

e-Pirates 田中祥生 選手 (川村衣津子 より)

【ヒーローインタビュー】
■2回表2ランホームランについて どんな気持ちで打席に立ちましたか?
ここ最近全く打ててなくて、三振ばっかりだったので。ちょっと1本欲しいなと思って、打順も変えてもらって挑みました。

■打った感触はどうでしたか?
ここ最近全く感じていなかった感触が手に来てですね、もう。すごい嬉しくって、つい思い切り走っちゃいました。

■次戦に向けての意気込み
今回のようなものをもっと続けて、もともと4番を打っていたんですけど、また4番に戻るような感じになりたいです。

e-Pirates 佐方光成 主将 (川村衣津子 より)

■試合を振り返って
今日は、ベンチの声もよく出ていましたし、あとはムードが最終回まで途切れることがなかった所が一番良かったです。
守備もここぞという所できちっと締める守備が初めてできたのが、一番嬉しかったです。

■(ランニングホームランを放った)ヒーローの田中さんへ一言
できればヒットを狙って欲しいんです。ホームランはやめてください(笑)。

■次戦に向けての意気込み
次の試合も勝てるように皆で努力してやっていきたいと思います。
今日はありがとうございました。

HNGファイターズ 大武将司 監督 (川村衣津子 より)

■試合を振り返って
若い人が入ってきてチームに活気が出てきたので、これから練習を積んでうまくなりたいと思います。

■チーム名の由来を教えてください
私共は会社でやっていまして、『ホームネットグループ』の頭文字をとったのと、『ファイターズ』というのは、強く・強そうな名前にしました。

■G-LEAGUEでの意気込み
まずは1勝したいと思います。皆さん宜しくお願いします。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る