ジャンキーズB 酒井投手が5回無安打完封勝利

MES.TOKYO vs  ジャンキーズB (0-7)

2016年4月9日 篠崎公園野球場B(鹿骨)

担当:鏡尚樹  撮影:森崎 明寿



ジャンキーズBは初回、内野ゴロの間に走者が生還しわずか9球で先制する。その後安打や敵失があり打者10人で5点をもぎ取る。先制されたMES.TOKYOは直後の2回、先頭打者が四球で出塁。2死3塁とチャンスを作ったが無得点に終わった。2回裏にはジャンキーズの橋本選手が四球で出した走者をタイムリーで返し2回で6点を奪った。さらに1点追加し、コールドの権利をもったジャンキーズ。ここまで相手打者を完ぺきに封じ込めている酒井投手は、5回表を無難に打ち取り5回ながらノーヒットノーランを達成。チームも5回コールド勝ちを収めた。

■ジャンキーズB 酒井投手が無安打完封のピッチング

立ち上がりから好調だったと本人の口から出た通り、直球と変化球のキレの良さでMES.TOKYO打線を続々と打ち取った。参考記録ながら5回無安打完封でノーヒットノーランを達成した。

■隙のないジャンキーズB打線

本日は、安打も出ており打線が好調であったがゴロを転がす意識が強かった。初回の先制の場面も内野ゴロを転がし3塁走者が生還。そしてこの会は盗塁を5つ成功させた。進塁打を打つというケースバッティングがよく見られた。

■徐々に調子をあげてきたMES.TOKYO打線

相手投手にノーヒットノーランを食らったが、試合終盤には打線はタイミングがあってきており、ワンチャンスを作れそうな雰囲気が出ていた。暖かくなりチームも乗っていけるか見ものである。



試合後インタビュー

ジャンキーズB 酒井和明 選手 (鏡尚樹 より)

Q.5回無安打完封でしたが、いかがでしたか
A. ボールの走りも良くコントロールもまとまっていました。また、先取点を取ってもらったので楽に投げることができました。

Q. 直球と変化球の調子はいかがでしたか
A.比較的変化球でストライクが取れカウントを稼ぐことができました。要所要所で抑えることができました。

Q. 2回にボール先行が目立ちましたが何かあったのですか
A. 特に何もなかったです。立ち上がりが僕にとって良かったので少し投げ急いでしまいました。

Q.今後の試合に向けて一言お願いします
A. まだまだ野球シーズンは始まったばかり、ペースを上げチームも上位に行けるように頑張りたいです。

ジャンキーズB 柏崎修一 監督 (鏡尚樹 より)

Q.コールド勝ちでしたが、先発酒井投手の調子がよかったのではないでしょうか
A.直球の走りはよかったが変化球がよくなかった。上手く使い分けができて抑えられました。

Q.相手投手は緩急をよく使っているように思いましたが、意識されていたことはありますか
A.特には無かったが、各自追い込まれるまでは狙い球をどちらかに絞るタイプの打者が多いのでいつも通りでした。

Q. これからの試合に向けていとことお願いします。
A. もともと打てるチームではないので投手中心に守り勝っていければと思います

MES.TOKYO 角谷康之 監督 (鏡尚樹 より)

Q.5回無安打完封負けでしたか打線の調子はいかがでしたか
A.開幕戦ということで調子も上がらずボールに目がついていないという感じがありました。

Q.投手は打ち取っている打球が多かったがエラー目立ちました
A.これから調子を上げていけば問題ありません。大丈夫です。

Q.これからの試合に向けて一言お願いします
A.まず今季初勝利目指して頑張ります。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る