VADERS新ユニフォームの効果で!?完勝!!

VADERS vs  ishiden (10-0)

2016年3月27日 大宮けんぽグラウンド

担当:岡翔子  撮影:知念 駿太



チームの若返りを図って一新したと話す鮮やかなグリーンのユニフォームの意図通り、VADERS打線がチャンスでつながりを見せ、四回コールドで新ユニフォーム初戦を縁起の良い勝利で飾った!

■投打で活躍!VADERS浦川選手!

二回表2アウト二塁の場面。VADERS江選手の一二右翼間に落ちる技ありのヒットに、ランナー伊藤選手が好走塁を見せホームを陥れ、この試合初得点を挙げると、続く外川選手は四球を選び出塁、打席には3番浦川選手。1-1からの3球目を捕らえると、鋭い打球はishidenセカンド三原選手が飛びつくもあとわずかに届かず、右中間を抜けるホームランとなった!
四回には安打に相手のエラーが絡み一挙5得点。
投げても先発浦川投手が四回を無失点に抑える投打の活躍で完勝した。

■ishiden初勝利は次戦へ持ち越し!

この日G-LEAGUE初戦のishiden。一回には小林選手の右中間を抜ける二塁打や、最終回先頭打者の4番根本選手の安打に、続く大沢選手が四球で出塁する粘りを見せるもVADERS浦川投手の前に1点が遠かった。
負けている場面でも常にポジティブな掛け声が飛び、コールド試合にも関わらず、この日の気候のように気持ちのいい試合だった。



試合後インタビュー

VADERS 浦川衛 選手 (岡翔子 より)

ヒーローインタビュー

-好投の要因を教えてください。
初戦ということで「とにかく勝ちたい」という気持ちを持っていたことです。

バッティングについて。1打席目三振に倒れた後での2打席目のホームラン。どんな気持ちで打席に入りましたか?
(三振を)2回はできないな、と。とりあえず振ろうということで(打席に)入りました。

-次戦に向けて
初戦いい感じで勝てたので、これから続けて勝てるようにしていきます。

VADERS 安見政明 代表 (岡翔子 より)

-本日の感想
浦川の立ち上がりがよくなかったのですが、持ち直してもらって、打線のほうもつながって、勝つことができました。

-本日の勝利は、オフの練習の成果ですか?
そうですね、結構体つくりをして、そのおかげだと思います。

-今日から新しいユニフォーム、とても素敵ですね。
ありがとうございます。今年もう33歳なので、若々しい気持ちをいつまでも忘れないように、一新してみました。

-次戦に向けて
今年は全部勝つつもりで頑張ります!

ishiden 石川和希 監督 (岡翔子 より)

-初戦の感想
初戦ということで、最初はみんな固さはあったのですが、徐々に声も出てきてよかったと思います。

-具体的によかった点、悪かった点はありますか
よかった点はあんまりないんですが(笑)初心者もいるので、フライなどちゃんととれたところでです。悪かった点は守備ですね。全然守れてなかったので、たぶんもっと守備がしっかりしていればしっかりとした試合になったと思います。

-次戦に向けて
とにかくちゃんと練習をして、ちゃんとした試合になるようにしたいと思います!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る