芝中おーたず村上・吉田将 完封リレー!1点を守りきり勝利!

2564_DSC_0354

Reds  vs  芝中おーたず (0-1)

2015年11月29日 大宮けんぽグラウンド

担当・撮影:清水宏美



抜けるような晴天、野球日和に相応しい陽気な2チームの投手戦を制したのは、五回で先制し、村上・吉田将の完封リレーでその1点を守り切った芝中おーたずだった。

◼︎拮抗する試合展開 両チームあと一本が出ず

0点で進むゲームだが、両チーム四回で得点チャンスを迎える。先攻Reds、2番小山内選手、3番鈴木選手が連続ヒットで出塁。絶好の打順でのチャンスだったが、クリーンナップがフライで打ち取られる。6番小澤選手が内安打で満塁をつくるも、無得点で攻撃終了。後攻芝中おーたずもフォアボールで3番4番が出塁、一死一二塁としたが、一本が出ない。

◼︎二死からの出塁 芝中おーたず小平激走、決勝点計上

この試合を決めた1点は、五回裏、二死からの場面だった。小平選手が三塁線をきれいに抜き出塁。一気に勢いに乗ったおーたずは続く1番吉澤選手も出塁。2番森田(修)選手がライト線際にうまく落とし、二塁打。この間、小平選手が激走し、待望の1点を勝ち取る。

◼︎芝中おーたず吉田将 最後を三振で締め久しぶり白星

最終回、もっとも緊迫したシーンが訪れる。六回で守備交代していたReds遠藤選手が、先頭で一二塁間を抜くヒット。ここで、味岡選手が代打に走る。逃げ切りたい芝中おーたず吉田投手が一塁への牽制球でランナーを抑えようとするが、ランナーは果敢にワイルドピッチと盗塁で三塁まで走りつく。どうにか点を返したいRedsだが、吉田投手が渾身のピッチングを見せ、三振、遊ゴロ、そして最後は三球三振で1点を守り切った。



試合後インタビュー

芝中おーたず 小平謙伍 選手 (清水宏美 より)

芝中おーたず 小平選手へのヒーローインタビューです。
二死から出塁し、激走でホームへ戻った小平選手。決勝点の立役者としてヒーロー選出いたしました。

ー2アウトでしたが、どのような気持ちで打席に入りましたか?
投手戦が続き、ぼくも主将として吉田やチームを救ってあげたいという気持ちで、打席に立ちました。

ー待ってた球はありますか?
ストレートは絶対ついていけないと思っていたので、変化球一本に絞っていました。

ー三塁をきれいに抜いた形でしたが、狙い通りだったのでしょうか?
狙い通り、バッチリです。

ー激走で本塁帰還しました。感想をお願いします。
とにかく一点がほしいという気持ちで、ホームまで全力でがんばりました。

ー最後に一言お願いします。
ぼくがこのチームのキーマンなので、なんとかしてやろうと思っていました!

芝中おーたず 本橋穂乃香 監督 (清水宏美 より)

ーナイスゲームでした。投手へのコメントからお願いします。
まず、先発の村上については、いつも通りの豪快なピッチングで盛り上げてくれたのでとても良かったと思います。吉田についてはこんなに長いイニング投げるの久しぶりだったと思うのですが、低めのボールいいボールが入っていて、崩れることなく最後まで投げてくれたので、ほんとにお疲れ様という感じです。

ー貴重な一点を最後守り抜く展開でした。打線はいかがでしたか?
普段は私たちは打撃で魅せるチームのはずなんですが、今日は貴重なヒットをなんとかつないでようやくという感じだったので、運がよかったというか、今後はもっとバンバン打って自分たちらしさを出していければと思います。

ーRedsさんに一言お願いします。
ピッチャーの球の回転が特殊で、どうしても下を叩いてしまいフライばっかりあげてしまっていました。守備も打撃も怖いというか、すごいチームだったと思います。またぜひやらせてもらいたいと思います。

Reds 鈴木悠介 監督 (清水宏美 より)

ーナイスゲームでしたが、敗因を教えてください。
守備の流れは悪くなくて、それが打撃に活かせればよかったんですけど。一二塁、二三塁といい場面はつくったんですけど、もう一本が出なかったのと、あと消極的だったかなと思います。うちらは積極的にいかないと点取れないチームなのですが、消極的になってしまったのが今日点が入らなかった原因かと思います。一点にこだわりすぎて消極的になったために、点が入らなかったですね。

ー消極的ということでしたが、チャンスの場面でどのような指示がありましたか?
普段だと一二塁だと、盗塁したりエンドランかけたり、細かいところで言えばリードを多めにとって相手にプレッシャーをかけたりなど、そういうことができるチームなんですけど、今日はそれができなかったので、そこがちょっと点が入らなかったかなと思います。

ー芝中おーたずさんに一言お願いします。
芝中さんはすごくバランスのいいチームで、攻守ともに非常にいいチームだと思います。クリーンナップも雰囲気があって飛びそうで後ろを守っていたので、最後の一点、ポテンで落ちてそれで一点とられちゃったかなと思います。守備もショートもしっかり確実に処理していて、すごくいいチームかなと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る