武蔵野サイドウォーカーズ大量得点で6thシーズン勝率5割復帰!

アルビレックス蒲田  vs  武蔵野サイドウォーカーズ (1-11)

2015年11月29日 二子玉川区民運動施設(渋谷区営)

担当:岡翔子  撮影:安藤陽介



投げては中村投手、山中投手の万全の継投、チャンスでは兼光選手の強気のバッティング、走っては三回に代打山中選手が四球で出塁すると盗塁にエラーが絡み、一気にホームを陥れる俊足を見せ、武蔵野サイドウォーカーズが勝率を5割に戻した。

■投打のリズム

初回、前2試合ヒーローの武蔵野サイドウォーカーズ中村投手が先頭打者をテンポ良く三球三振で仕留めリズムを作ると、その裏、兼光選手の左中間を破るタイムリーヒット等で4得点を挙げる。

■苦戦するアルビレックス蒲田

先制を許したアルビレックス蒲田だったが直後の二回、篠原選手のライト前タイムリーツーベースで1点を返す。四回にもエラーに田崎選手のセンター前ヒットでチャンスを作るものの、武蔵野サイドウォーカーズ投手の前に、なかなか続く1本がでない。

■チャンスで巡る打順

四回裏武蔵野サイドウォーカーズの攻撃。エラーに四球でノーアウトランナー一二塁の場面。チャンスで再び兼光選手に打順が回ると、3球目をみごと捉え打球はライト前へ!コールド試合を成立させた。



試合後インタビュー

武蔵野サイドウォーカーズ 兼光龍馬 選手 (岡翔子 より)

ヒーローインタビュー

-最終回あと1点でコールド試合成立の場面。打席での気持ちを教えてください。
ランナー一二塁と、外野に飛べば1点はいる場面だったので、おもいっきり振るように心掛けていました。

-次戦へ向けて
今ちょうど勝ち負けが五分だと思うので、次勝って、勝率を上げたいなと思います!

武蔵野サイドウォーカーズ 本土雄大 監督 (岡翔子 より)

-本日の勝因を教えてください
チャンスで兼光君が打ってくれた事です!

-ではその兼光選手へ一言!
犬も歩けば棒に当たると言う事がよくわかりました。兼光さんしかヒットが出ていないので他のメンバーも兼光さんに追いつけるように練習していきます!

-次戦に向けて
今シーズンようやく勝率五分に持っていくことができました。残り僅かですけれど、最後しっかり勝って、初の勝ち越しを狙って行きたいです!

アルビレックス蒲田 吉田佳祐 監督 (岡翔子 より)

-本日の試合を振り返って
良かった点は、ちゃんとみんなが遅刻しないで9人集まれた事が良かったです(笑)!
他は、、ピッチャーも四球が多く、守備もボロボロでした。

-次戦へ向けて
今日が今年最後の試合になると思うので、年末年始でハワイ合宿でも行ってムキムキになって、1、2月になって苗場スキー場に行って、ゲレンデに恋したいと思います!

-・・楽しみにしています!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る