Oracle Dynamites村田、審判も唸るナイスピッチで完封勝利!

金山ベースボールクラブ  vs  Oracle Dynamites (0-8)

2015年11月22日 世田谷公園野球場

担当:岡翔子  撮影:小池栞



エグイ変化球が決まっていた」と審判に言わせる好投を見せたサウスポーの村田投手。
打っては初回から打者一巡の猛攻を見せ4得点。その後も効果的に得点を重ね、五回コールドで試合を決めた。

■投球リズムが好打撃を呼ぶ

Oracle Dynamitesは初回、表を三者凡退で終わらせると、そのテンポのまま裏の攻撃を迎える。
ノーアウト満塁で櫻木選手がうまく内野安打を決めると、その後葉選手にもセンター前タイムリーが飛び出し一挙4得点。二回には櫻木選手のセンターへの犠牲フライ、三回にも3得点を重ねリードを広げると、終了時間を待たずして、コールド試合を成立させた。

■目標は高く

アップでは投手陣が牽制の練習を行う等、より強いチームを目指し様々な試みを行っていると言う金山ベースボールクラブ。
この試合ではOracle Dynamitesの前に快音が聞けず、守備面でもめずらしくエラーが目立ち、コールド試合と悔しい結果になってしまったが、上を目指すその姿勢が、今後ますます強いチームになる事を期待する。



試合後インタビュー

Oracle Dynamites 村田卓彌 選手 (岡翔子 より)

ヒーローインタビュー

-本日の好投の要因を教えてください。
いつも通り投げれた事が、結果として良かったんだと思います。

-特に意識したことはありますか。
初回がいつも不安定になるので、そこは気を付けました。

-次戦へ向けて
次も良いピッチングができるように頑張ります。

Oracle Dynamites 二瓶満 監督代行 (岡翔子 より)

-本日初勝利おめでとうございます!勝因を教えてください。
ありがとうございます!勝因は、バッテリーですね。村田投手が初回変化球が入らなかったんですけど、そこをうまくキャッチャーがリードして乗り切れたのが勝因かと思います。

-次戦へ向けて
次戦も、勝ったるでーっ!!!!!

金山ベースボールクラブ 竹内崇大 監督 (岡翔子 より)

-本日の試合を振り返って
良かった点は、今期最後の試合になりそうだったので、来期に向けていろいろ試せた事ですね。
悪かった点としては、野球の基本とするキャッチボールができず、ポロポロが目立ってしまった事が良くなかったと思います。

-次戦へ向けて
もう一度、忘年会含めて冬の過ごし方を考えて、来期は上位に組み込めるように頑張ります。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る