相澤投手安定の投球で、鉄人ブルーデビルズが待ちに待った2勝目を挙げた!

2496_CNN_0407

パナマウンガーズ vs  鉄人ブルーデビルズ  (3-5)

2015年11月3日 東綾瀬公園野球場

担当:岡翔子  撮影:知念 駿太



先制ホームランを浴びるも、動じることなく続く打者から三振を奪った鉄人ブルーデビルズ相澤投手。打たせて取るピッチングに、七回6奪三振とバランスの良い安定した投球を見せ、チームに2勝目をもたらした。また‘練習の成果‘の言葉通り、守備面の強化が見えた。

対するパナマウンガーズは、打撃力のチームの印象を受けた。フォアボールを狙わず打ちに行く姿勢や、惜しくもファールになった球など鋭い打球もあり、今後練習や試合を重ね上位を狙えるチームになってほしい。

◼︎パナマウンガーズ本島選手の1本で先制!

初回パナマウンガーズ先頭打者の本島選手が魅せた。1ボール1ストライク後の3球目、思い切りよく振り抜いた打球はレフト戦へ鋭く飛行すると、そのまま柵を越えてみごとホームランに!!本人曰く‘人生初のホームラン‘で先制点を奪い、ベンチを沸かせた。

◼︎チャンスで打つ!鉄人ブルーデビルズ打線

ホームランで1点を失った鉄人ブルーデビルズだったが、続く打者を3人で終わらせるとその裏、2アウト一二塁のチャンスを迎え5番江川選手。センター前ヒットで1点を返すと、続く木内選手がG-LEAGUE初安打を放ち追加点を挙げ、逆転に成功した。

◼︎両チーム投手好投も、エラーの差が得点の差に

四回には鉄人ブルーデビルズが高谷選手のレフトオーバーの二塁打や、相手のエラーを誘う走塁で3得点を挙げリードを広げた。
六、七回と宮倉選手の二塁打等で追い上げを見せたパナマウンガーズだったが、鉄人ブルーデビルズ相澤投手の前にあと1本が出ず、G-LEAGUE初白星とはならなかった。



試合後インタビュー

鉄人ブルーデビルズ 相澤昇 選手(岡翔子より)

-本日の好投の要因を教えてください。
テンポよく投げれたので、味方の守備が助けてくれる場面が多々あったことと、コントロールが良くまとまって、変化球もストライクに入ったので、それがテンポの良さに繋がったのかなと思います。

-普段から練習や準備はされてるんですか。
あんまりしてないですけど、、ベッドには軟式ボールがいつもあります(笑)

-次戦へ向けて
三振取るとか、すごい変化球、ストレートがあるピッチャーではないので、味方の守備に助けてもらえるように、またテンポよく投げられればと思います。

鉄人ブルーデビルズ 木内南史 監督(岡翔子より)

-本日の試合を振り返って
序盤から点の取り合いになったんですけど、大きな守備の乱れもなく、ピッチャーの相澤が守り投げてくれました。守備の乱れがなかったのがやはり大きく、練習の成果が出てきたのかなと。
練習試合をこの前一戦積みまして、その時からチームが結構上向きなので、それが今日そのままでたのかな。

-本日ご自身で打点も挙げられていますね。
個人的に調子が良いので(笑)最近当たってきて、まあ良いところに転がって、初安打初打点が付いたので良かったです。

-次戦へ向けて
まだ2回勝っただけなので、ここから五分に戻せるようにもう一回、基本に戻って練習を積んで参加していきたいと思います。

パナマウンガーズ 矢崎俊 監督 (岡翔子より)

-本日の試合を振り返って
試合的には良い試合で、鉄人ブルーデビルズさんも経験を積んでおり、やっぱり上手ですよね。今後に向けて、いろいろな課題が見つかったので、頑張っていきたいと思います。まずは1勝から!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る