G-RANGERが要所を締め勝利を掴む

ライジングサンズ  vs  G-RANGER (3-7)

2015年10月31日 浮間公園野球場

担当:齋藤 真梨子  撮影:箕打正人



-初回から先制したライジングサンズ-

冬の訪れを告げるような寒さの中。試合が始まってすぐに、ライジングサンズが攻めます。

2番小柴がレフトへのツーベースヒットで出塁すると、相手のスキをつき3塁へ。
3番大竹もフォアボールで出塁すると、すかさず盗塁を決めます。
チャンスで打席が回った4番の伊藤。しっかりとセンターへタイムリーを放ち、ライジングサンズが先制します。

-すぐに点を取り返したG-RANGER-

初回に先制されたG-RANGERですが、すぐに反撃します。1番の原口がレフトへのヒットで出塁。

その後ツーアウトとなりますが、ここからG-RANGERが粘ります。
4番菅井のレフトへのツーベータイムリーが飛び出します。6番川原もタイムリーを放ち、G-RANGERがツーアウトと追い込まれながらも、逆転します。

-要所を締め粘るG-RANGER-

逆転されたライジングサンズですが、積極的にバットを振ります。3回には、この回先頭の5番三平がセンターへのヒットで出塁。

チャンスを作ったライジングサンズですが、G-RANGERの守備に阻まれます。

G-RANGERも、粘りの反撃を続けます。積極的に盗塁を仕掛けたり、相手のミスを見逃しません。
先発の原口、交代した東とともに、逆転後は、失点を許さなかったG-RANGER。粘りの勝利となりました。



試合後インタビュー

G-RANGER 東弘樹 さん(齋藤 真梨子 より)

ヒーローインタビュー

代打で待っていた球などありますか
➖積極的に行こうと思っていました

投球で意識した事
➖ストライクが入らなかったのでもっとストライク先行で行きたいです

次回へ向けて
➖次回も頑張ります

G-RANGER 荻沼茂紀 監督 (齋藤 真梨子 より)

寒い中の試合でしたが積極的に走って打てていました
➖4番が不在だったので、足で稼ぎ自分が入るという気持ちで点が取れたと思います。

投手2人共に粘れていました
➖東さんがエースですが、調整を含めて原口さんが投げたのですが、どちらも球自体が走っていたので、来季だったり暖かくなってきた時期にある程度完成していくと思います。

次に向けて
➖良いチームとやらせてもらっているので、1試合1試合経験を積んで、チームとしてまとまっていければ良いと思います。

ライジングサンズ 三平敬祐 監督 (齋藤 真梨子 より)

試合を振り返って反省点
➖エラーが多かったです

積極的に振れていました
➖相手が良いピッチャーだと、1回対戦して分かっていたので、追い込まれる前に打ちました。追い込まれてからは、見極めが出来ていたと思います。

次回に向けて
➖新しく入団してくれる人が1人います。最強の助っ人外国人がアメリカから帰って来ているので、次回から監督が楽しみです。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る