武蔵野サイドウォーカーズ 終盤で逆転勝利

2486_IMG_0225

MES.TOKYO  vs  武蔵野サイドウォーカーズ (2-3)

2015年10月31日 篠崎公園野球場B(鹿骨)

担当:川村衣津子  撮影:森崎 明寿



時折雨がぱらつく肌寒い中、篠崎公園野球場での試合は、2連勝中のMES.TOKYOを破り、武蔵野サイドウォーカーズの勝利となった。
武蔵野サイドウォーカーズ先発の中村投手は、相手打線に出塁を許し先制されても、乱れぬピッチングで味方の反撃の機会を待った。そして四回裏、先頭から四球と単打、チャンスの場面。中村選手のタイムリーを皮切りに、内野ゴロから相手のミスを誘い3点追加。チームは逆転勝利となった。

【先制のMES.TOKYO】

両者0で進む試合。先に得点したのは、三回表MES.TOKYO。1番野元選手、2番濱田選手が四球を選び、先制のチャンスを作る。1死二三塁の場面で、4番落田選手がライト頭上を越えるタイムリー二塁打で2点を先制。

【終盤で武蔵野サイドウォーカーズ 逆転】

2点を許した武蔵野サイドウォーカーズは、四回裏。好リード中のキャッチャー深尾選手が四球を選ぶと、6番谷口選手のショート後方へ落ちるヒットで、無死一二塁。ここで、これまで粘りのピッチングの中村選手が、ライナー性のセンター前タイムリーヒットで1点を挙げる。続いて、9番藪下選手がサードへのゴロを放つと相手のミスを招き同点。次打者は三振で倒れるが、2番大出選手が放ったショートゴロも、相手のファーストへの送球が逸れ、さらに1点追加。逆転に成功した。

【我慢の投球 中村投手】

ゆったりとしたフォームでの投球。4回を投げ、毎回得点圏にランナーを背負ってしまう。苦しい中での投球だったが、大崩れすることなく、我慢の投球をみせた。四回にはタイムリーヒットを放ち、投打に活躍した中村選手。本日のヒーローへ選出としました。



試合後インタビュー

武蔵野サイドウォーカーズ 中村駿 さん(川村衣津子 より)

【ヒーローインタビュー 】

■本日のピッチングを振り返って
前回に引き続き苦しいピッチングで、何とか乗り越えて最後まで投げ切りました。

■打撃について タイムリーヒットもありました。
サインでエンドランが出ていたので、とりあえず叩きつけようと。高めの球が来たので、いい感じのライナーになって、ホントは反省しなければならないんですけど。結果オーライで良かったです。

■次戦に向けての意気込み
2連勝とチームが波に乗っているので、流れを止めないように毎日練習したいと思います。

武蔵野サイドウォーカーズ 石井敬比古 監督代行 (川村衣津子 より)

■本日の試合を振り返って
今日はひりひりとした展開で、両者ともに点が入らない感じでずっときていた。ピッチャーも頑張っていたのでどこかで点を取れるよう、常に相手を揺さぶることを頭に置きながらサインを出していました。エンドランも相手の裏をかく感じで、うまく決まって良かったです。

■次戦に向けての意気込み
チャンスを作ることは出来てきているので、チャンスを作ったら確実に返して点をとるようなチームプレイをやっていきたいと思います。

MES.TOKYO 角谷康之 監督 (川村衣津子 より)

■本日の試合を振り返って 良かった点・悪かった点
良かった点は、4番の落田さんにタイムリーが出たことです。打線の方が全体的に好調だったところが良かったです。
悪かった点は、今回は特になかったです。監督の采配がいまいちだったくらいです。

■次戦に向けての意気込み
今日は、時間の都合で負けてしまったので、次は勝てるように頑張ります。
(※試合は、5回が時間都合で打ち切りになってしまいました)

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る