武蔵野サイドウォーカーズがチャンスをものにし逆転勝利!

2452_IMG_1880

インスパイア  vs  武蔵野サイドウォーカーズ (4-8)

2015年10月24日 大宮けんぽグラウンド

担当:湯本絵里加  撮影:中尾敦司



気持ちのいい秋晴れの中、インスパイアと武蔵野サイドウォーカーズの試合は行われた。

1回の表、いきなり1番小野下選手の先頭打者ホームランでインスパイアが先制点を挙げ、幕を開けた。
インスパイアは2回、3回にも相手のエラーなども絡み、1点ずつ追加して3回までに3得点。武蔵野サイドウォーカーズはなかなかインスパイアの桜井投手を攻略することが出来ず、3回まで無得点。
4回の表、武蔵野サイドウォーカーズのピッチャー代わって山中投手。
フォアボールは出したものの落ち着いたピッチングでこの回を無失点で抑える。
試合が動いたのは4回の裏。インスパイアの桜井投手に疲れが見え始め、フォアボールでランナーをためると、武蔵野サイドウォーカーズ6番中村選手が起死回生の同点スリーベースを放つ。守備でいい流れを作った武蔵野サイドウォーカーズはこの回一挙5得点を挙げ逆転に成功する。
その後は武蔵野サイドウォーカーズの山中投手が落ち着いたピッチングを見せ、5回に1点返されるものの、逆転を許す事は無かった。

最後まで試合の行方が分からないとてもいいゲームでした。両チームの皆さんお疲れさまでした!



試合後インタビュー

武蔵野サイドウォーカーズ 中村駿 さん(湯本絵里加 より)

■ヒーローインタビュー

Q. 4回の打席はどういったお気持ちで入られましたか?
A. 自分がピッチャーをやっていて、失点した分は絶対取り返そう、なんとか返そうと思って打席に入りました。

Q. ピッチングの方はいかがでしたか?
A. もうバタバタで、変化球が決まらなくて…(苦笑)なんとかしのいでしのいでだったので、うまくまとめられて良かったです。

Q. 次の試合に向けて何か課題などあればお願いします。
A. ピンチになった時に少し浮き足立っていた部分があったので、守備力、打撃力共に向上していきたいなと思います。

武蔵野サイドウォーカーズ 本土雄大 監督 (湯本絵里加 より)

Q. まず今日の試合を振り返って良かった点を教えて下さい。
A. 守備で大きなミスが無かった事です。打撃面も、コンパクトな打撃でチャンスをものにする事が出来たので、今までの合宿の成果(実は合宿してたんです(笑))が出た試合だと思います。

Q. 次の試合に向けての課題があればお願いします。
A. 今日の打撃のチームバッティングを継続することですかね。エンドランも上手く決まりましたし、積極的に全員が振りにいっていたので、これを続けたいと思います。

Q. では最後に今後の抱負をお願いします。
A. 今シーズン勝ち越す事です!!!

インスパイア 中山亮 監督 (湯本絵里加 より)

Q. 今日の試合を振り返って良かった点を教えて下さい。
A. 良かった点は、前半に試合は支配出来たかなと思ったんですけど、そこでちょっと追加点が取れるところで取れなかったのがこういう結果になったのかなと思います。

Q. 逆に悪かった点はありますか?
A. そうですね、みんな飲み過ぎですかね(苦笑)準備が出来てなかったかな、と。ピッチャーもちょっとかなりバテちゃったところがあったんですけど、まあそこは、取っておくところで取っておけなかったというのが反省になるかなと思います。

Q. 次の試合に向けての抱負をお願いします。
A. 今現場監督の方を伊藤に任せているんですけど、今日はそのメンバー達が不在だったというのもありますが、一応その監督の方では不敗神話が続いていたんですけど、僕でやっぱり負けてしまったんで、監督を入れ替えてもう一度必勝態勢で臨んでいきたいなと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る