パナマの猛追かわしウィルゲート辛勝

2435_IMG_0182

ウィルゲート  vs  パナマウンガーズ (10-6)

2015年10月18日 二子第二球場

担当:富田隆  撮影:中尾敦司



気温28℃を記録した川崎市・二子球場での試合は、ウィルゲートが序盤のリードを守り切って2連勝とした。一・二回に二塁打5本を含む7安打を集めて9得点。
一方のパナマウンガーズは五回に4点、最終回にも2点を奪って差を詰めたが、及ばず。G-LEAGUE初戦を白星で飾ることはできなかった。

■ ウィルゲート3連続タイムリーで大差

ウィルゲートは初回、2番大久保選手の右越え二塁打から1死満塁とすると、5番新井選手が三塁線を痛烈に破る二塁打を放ち2点を先制。その後 相手のミスもあってこの回計4点を奪った。

二回にも満塁機を作り、ここで新井選手が今度は左中間を破る二塁打。続く佐久間選手はセンターへの二塁打、さらに今村選手も左前安打と3連続適時打で5点を挙げ、リードを大きく広げた。
先発の佐久間投手は3イニングを投げ被安打0のナイスピッチング。

■ パナマウンガーズ 追撃届かず

沈黙していたパナマウンガーズ打線は五回に始動。無死満塁のチャンスで宮倉選手が高めの球をライト線へ運び、チーム初安打が2点適時打となった。その後 押し出し四球などでこの回計4得点。

6点ビハインドで迎えた最終回(六回)にも満塁として、2死後 北島選手の左前適時打などで4点差に詰め寄った。なおも満塁、一発出れば同点の場面まで攻め立てたが、次打者が倒れ大逆転はならなかった。

先発・岸本投手は2イニングで9失点ながら自責点は0。三振3つを奪った。初回には二塁走者を牽制で刺す好プレー。2番手・孝井投手は4イニングを無安打で投げ切り、味方の反撃を引き出した。



試合後インタビュー

ウィルゲート 佐久間健太 さん(富田隆 より)

■ヒーローインタビュー 3イニングを無安打ピッチング。

「先週の合宿でものすごく不甲斐ないピッチングをしたので、今日はリベンジの気持ちだけで投げました」

― 球種は何を使ってましたか?
「真っ直ぐと、いつもどおりボール2コくらい曲がるスライダーですね」

ウィルゲート 古谷勝 監督 (富田隆 より)

「序盤に打線がつながって大量得点を取れたことが大きかった。ピッチャーに関しては先発の佐久間が3回投げて無失点で、そこがよかったですね」

― 終盤に試合がもつれました。
「いつもセカンドとかをやってる川口が最近ピッチャーに挑戦しているので、2番手を任せた。5回、本人の2イニング目でちょっと制球が定まらなくなってしまったので、そこが今後の課題だなと思います」

パナマウンガーズ 北野武仁 監督 (富田隆 より)

「初回と2回に守備が崩れて、点を取られすぎたのが敗因だと思います」

― 1つ質問ですが・・・チーム名の「パナマウンガーズ」の由来は何でしょうか?
「(ホークスとマリーンズで活躍した)ズレータ選手のヒーローインタビューの決め台詞からいただきました」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る