投打がかみ合ったジェネシスの勝利

金山ベースボールクラブ vs  ジェネシス  (3-6)

2015年9月27日 三芳グラウンド

担当:齋藤 真梨子  撮影:中尾 敦司



-先発有野がリズムの良いピッチングを見せる-

初回、金山ベースボールクラブが相手のミスも重なり満塁とします。
ジェネシス先発の有野が初回からピンチを迎えますが、粘りを見せこの回を無失点で切り抜けます。
その後も打たせて取るピッチングを続けた有野。相手を寄せ付けません。

-打線が繋がったジェネシス-

3回のジェネシスの攻撃、1番の角南がライト前へヒットを放ちます。
相手のエラーも絡み、脚力を活かし角南がホームへ帰り先生します。
その後5回にも角南がフォアボールで出塁すると、すかさず盗塁を決めます。
その後有野の内野安打で続き、3番4番とヒットが繋がり得点を重ねていきます。

-後半に粘りを見せた金山ベースボールクラブ-

無失点に抑えられていた金山ベースボールクラブですが、最終回に粘りを見せます。
1番の竹内がセンターへのヒットで出塁すると、2番青木、3番村田と続きます。
その後5番岩崎がセンターへタイムリーとなるツーベースを放ち反撃を開始します。
しかし反撃も及ばず、5回から変わったジェネシス植松の変化球も光り逆転とはなりません。

投打がかみ合ったジェネシス。鮮やかな勝利となりました。



試合後インタビュー

ジェネシス  有野和希選手(齋藤 真梨子より)

■ジェネシスヒーロー有野さんのインタビューです

テンポの良いピッチングでしたが意識していた事など
-打たせて取るように意識していました

バッティングの調子も良いようですが
-ずっと不調だったので、良い形ではないですがヒットになったので、次に向けて良いかなと思います。

次回に向けて
-次はもしかしたら決勝になるので、2回やられているのでリベンジしたいと思います。

ジェネシス 植松哲史監督 (齋藤 真梨子より)

■ジェネシス代表植松さんのインタビューです

今日の試合の良かった所は
-相手のミスを活かして、得点できた事です。

自身も変化球が決まっていましたが、意識していた事は
-フォアボールだけ出さないように、意識していました。

次回へ向けて意識したい事や意気込みなど
-次は決勝の可能性があり、もし試合をはさんでも、その次に決勝を控えているので、次良い試合をして優勝したいです

金山ベースボールクラブ 竹内崇大監督 (齋藤 真梨子より)

■金山ベースボールクラブ代表竹内さんのインタビューです

今日の試合の反省点
-今日の試合の一番のキーは、初回のノーアウト満塁から点が入らなかった事だと思います。

後半に打線の繋がりなど粘りが見えたが意識していた事は
-後半でしたが、ようやくヒットが出るようになり、次に繋がると思います。

次回に向けて
-もう1回、守備・走塁・打撃を飲み会で見直して、次に勝てるようにしっかり飲んでおきます

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る