G-RANGERの先発東が完璧なピッチングを見せる

G-RANGER vs  夢みがちドリーマーズ  (5-1)

2015年9月13日 月島運動場

担当:齋藤 真梨子  撮影:佐藤 武志



-4番の仕事をしっかり果たす-

初回、G-RANGERの攻撃で早速試合が動きます。ランナー3塁の場面で、4番大峰が犠牲フライを放ち先制します。
その後3回にも、ランナー2人を置いた場面で打席が回ると、レフトへのタイムリーツーベースで追加点とします。ランナーを返し、4番の仕事をしっかりと果たします。

-先発東の奪三振ショー-

この日、先発をしたG-RANGERの東が相手を寄せ付けない完璧なピッチングを披露します。
初回を3人で抑えると、その後もリズムに乗った投球を続けます。相手に粘られても集中力を切らさず、三振の山を築きます。
4回には3者連続三振など、終わってみれば12奪三振の東がG-RANGERを勝利へと導きます。
粘りを見せたい夢みがちドリーマーズ。1番北村がライト方向へ打球を放ち、気合いの走塁を見せホームランとします。その後もファールなどで粘りを見せますが得点に繋げる事が出来ませんでした。
先発が完投し、4番が打点をあげたG-RANGER。鮮やかな勝利となりました。



試合後インタビュー

G-RANGER 東弘樹選手(齋藤 真梨子より)

●ヒーローインタビュー

12奪三振となりましたが意識していた事
➖真っ直ぐに自信があるので、押していこうと思いました。変化球が入っていなかったので。

リズムが良かったですが調子は良さそうですか
➖立ち上がりいつもバタつくので立ち上がりに注意しました

次に向けて
➖次の試合も立ち上がりに注意して、チームが勝てるようにリズム良く投げたいです。

G-RANGER 荻沼茂紀監督(齋藤 真梨子より)

●監督インタビュー

先発が凄く良かった
➖東君はずっとエースで頑張ってもらっていて、今日も後半は疲れていたが球の伸びは良かったと思います。

4番が打ってランナーを返していました
➖チャンスに強い4番なので、その前にランナーが溜まっていたのが1つ大きいと思います。ここ1番という時に力を発揮してくれます。不動の4番だと思います。

次に向けての意気込み
➖何回か対戦させてもらっているチームなので勝ち越したので、今シーズンまた何試合か入れて頑張りたいです。

夢みがちドリーマーズ  北村達也監督代行(齋藤 真梨子より)

●監督インタビュー

試合を振り返ってみて
➖今日は攻撃守り共に完敗でした

ホームランも出ましたが意識していた事
➖ストレートが速かったので変化球を待っていました

次に活かしたい点
➖皆んなで、バッティングセンターに行きたいと思います

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る