ジェネシス 点の取り合い制し決勝進出! チャンピオンシップ準決勝

2370_IMG_9560

ジェネシス vs  ジャンキーズB  (6-4)

2015年9月12日 チャンピオンシップ準決勝

担当:鏡尚樹  撮影:ヘング ヴェスナ



ジェネシスは初回、2番小川選手のタイムリーや相手のエラーで2点を先制する。先制された直後の1回裏、ジャンキーズは守備の隙をつく走塁で1点を返した。3回裏に犠牲フライで1点差にされたジェネシスは6回表、3本のタイムリーが飛び出し点差を4点とする。そのまま逃げ切りたかったジェネシスだったが、土壇場最終回、ジャンキーズは2点を返す。さらに2死2・3塁と一打同点のところまで追い詰めたが、わずかに及ばなかった。

◾️ジェネシスのリードオフマン角南選手が攻守で活躍

ジェネシスの1番打者角南選手は、4打数2安打3出塁。俊足を生かして2盗塁も記録し、3度ホームへ生還した。守備でも、少々荒さが目立つが好プレーを見せた。また、チームのムードメーカーである角南選手は攻守にわたって欠かせない存在となるだろう。

◾️上位打線の活躍が目立ったジェネシス

1番打者角南選手が3出塁で3得点、2番の小川選手も2安打2打点と活躍。良い攻めが出来た。

◾️最後まで追い詰めたジャンキーズ

点を取られても取り返したジャンキーズ。惜しくも2点届かなかったが、ジェネシスを最後まで追い詰めた集中力が光った。



試合後インタビュー

ジェネシス 角南文也選手 (鏡尚樹より)

●ヒーローインタビュー

➖今日は安打や相手の失策で出塁し、盗塁も記録しました
1番打者として、出塁したら積極的に走ろうと思っていました

➖一二塁間の速いゴロを飛び付いてキャッチするなど素晴らしい守備も見られました
グローブを出したらボールが入ってくれました

➖決勝に向けて一言お願いします
1番打者としての役割をしっかり果たしたいです。そしてチーム一丸となって決勝に挑みたいと思います

ジェネシス 植松哲史監督 (鏡尚樹より)

監督インタビュー

➖1番打者と2番打者が活躍し点を取ることが出来ました
この1番2番コンビは初めて組みました。3番まで左打者が続くので心配だったのですが、良い打者を上位に置き良い結果が出たので良かったです

➖一方守備面ではミスが多々見られました
守備の乱れは最近の試合多々出ています。次の相手には1つでもミスすれば負けると思っているので、しっかり締めていきたいです

➖決勝に向けて一言お願いします
決勝の相手は今まで2敗しているワイルドキャッツさんが相手。挑戦者の気持ちで優勝出来るように頑張ります

ジャンキーズB 柏崎修一監督 (鏡尚樹より)

監督インタビュー

➖初回守りのミスで先制されましたが直後に点を返しました
裏に1点取れたのは大きかったのですが、思い返せば1点返した後も無死2塁のチャンスで0点だったところが痛かったです

➖最終回、チャンスを作り点を奪いました。意地を見せた形となりましたが
最終回は大量得点を奪えるものではないので、試合中盤何度もチャンスを作っておきながらあと1点届かなかったところが最終回に追いつけなかった原因だと思います

➖今後の試合に向けて一言お願いします
今回のシーズンは終わってしまいましたが、次のシーズンも4位以内に入りチャンピオンシップに出場出来るように頑張ります

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る