チャンスを活かしたウィルゲート 逃げ切り勝利

2317_DSC_0561

ウィルゲート  vs  BlackStar (4-3)

2015年8月23日 多摩川ガス橋緑地野球場

担当・撮影:清水宏美



▪︎ウィルゲート古谷 2ランホームラン

両投手、好調な滑り出しを見せた序盤。BlackStar鈴木投手は、二回表に奪三振も見せ、0点でゲームは進む。最初に歓声が湧き起こったのは三回表のウィルゲートベンチ。2番古谷選手が、センターを大きく超える当たり。「一日分走った」という走りを見せ、2得点を挙げる。

▪︎ウィルゲート高岡 身を翻しホームイン

しかし、その裏にBlackStarが同点に追いつく。追加点を狙うウィルゲート、一死三塁のシーン、エンドランがかかり、サードゴロでホームに走る高岡選手。ホーム送球で挟殺となるも敵をくぐり抜けてのホームイン!続けて、佐久間選手が、三塁線を抜く痛快ヒットでさらに1点を追加し、再び2点差に戻す。

▪︎ジャストタイミングの継投で逃げ切り勝利

「ファーストランナー還っても同点だから大丈夫」マウンドから降り、キャッチャー防具をつけた佐久間選手の声がフィールドに響き渡る。先発し、好投を見せていただが、四回裏、フォアボールを連続2人出したタイミングで、自ら交代を判断。代わって登板した河崎投手、満塁からBlackStar1番の池田選手の内野安打で1点を許す。しかし二死満塁からの打者真っ向勝負で、「パシン!」今日一番のいい音をキャッチャーミットで響かせ、三振でピンチを乗り切った。そのままウィルゲートが逃げ切り、勝利となった。



試合後インタビュー

ウィルゲート 古谷勝 さん(清水宏美 より)

先制のホームランを放ったウィルゲート古谷選手にヒーローインタビューです。

ーどのような気持ちで打席に入りましたか?
みんながつないでくれた打席だったので、つなぐ気持ちでいったところ、みんなの気持ちが乗ってセンターを越えてくれたと思いました。

ー待ってた球はありましたか?
スライダーを待っていました。そこにストレートが来たんですが、体が勝手に反応した感じです。

ー喜びのコメントをお願いします。
すごい気持ち良かったです!

ーファンに一言お願いします。(チームの方からの質問リクエスト)
応援に来てくれた方々には、今日に限らずまた来てもらえるように、僕の気持ちをミサミサに届けたいなと思います。

では、ここから、古谷さんに監督インタビューです。

ー今日の勝因を教えてください。
4回裏、佐久間さんがフォアボールを出した後に自らピッチャー交代を志願し継投したのが、まさに勝因だと思っています。

ー今度、合宿があると小耳に挟みましたが、最近のチームの調子はいかがですか?
ここ最近活動してなかったので、夏も終わるということで、9月からもういっかい本格的に野球をしていきたいと思います。

BlackStar 金坂秀一 さん(清水宏美 より)

Black Star 金坂さんに監督インタビューです。

ー本日、打撃はいかがでしたか?
ちょっと打て無さ過ぎましたね。相手のミスがあるところにもつけ込めない感じだったので。

ー見逃し三振にペナルティをつけてましたね。
そうですそうです。それでちょっと逆に固まっちゃったのかなという気もするんですけど(笑)。

ー投手含め、守備はいかがでしたか?
ピッチングは良かったと思います。グラウンド状況と、あとはチームプレイですね。(4回裏、相手にリードを許した場面)ホームで刺せるところをホームに追い込んじゃったのが敗因かなと。サードのところで挟殺プレーは刺すところべきだったと思います。

ー次への意気込みを教えてください。
次こそは!勝ちます。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る