CTC Met’sの打線が大爆発

2315_G-LEAGUE_06661

アセレント  vs  CTC Met’s (2-18)

2015年8月22日 大宮けんぽグラウンド

担当:齋藤 真梨子  撮影:佐藤武志



➖G-LEAGEUの初戦となったアセレント➖

この試合がG-LEAGEUでの初試合となったアセレント。初回から積極的に攻撃を行ないます。
先頭バッターの根田がヒットで出塁すると、相手のミスもあり進塁します。その後4番の吉野がライト前にタイムリーを放ち先制します。

➖打線が繋がったCTC Met’s➖

先制されたCTC Met’sですが、すぐに反撃を行ないます。塁に出たら、積極的に盗塁を仕掛けます。バッターも繋ぐ意識を持ち、打線が途切れません。
ランナー満塁で、8番の森田晋に打席が回ると2打点となるセンターへのタイムリーを放ち、初回から攻撃に勢いを加えます。
1番鈴木、4番立花にはホームランも飛び出し、CTC Met’sの勢いは止まりません。
残念ながら初戦は敗退となってしまったアセレントですが、次の試合でのリベンジに期待したいです。
投手が最小失点で抑えた事によりCTC MET’sの攻撃に更に勢いが付く試合となりました。



試合後インタビュー

CTC Met’s 森田晋作 さん(齋藤 真梨子 より)

ヒーロー森田さんのインタビューです

2安打2打点ですが待っていたボールはありますか
➖真っ直ぐの速い球を待っていました

バッティングが好調なようですが意識している事はありますか
➖遅いボールだと前に状態が突っ込んでポップフライを上げてしまうので、ちゃんと溜めて自分のスイングが出来るように心掛けています

次の試合に向けて
➖次の試合もしっかり自分のスイングをして勝てるように頑張ります

CTC Met’s 松浦勇人 さん(齋藤 真梨子 より)

代表の松浦さんのインタビューです

良く打てていたと思うのですが意識していた事はありますか
➖特別意識していた訳ではありませんが、前の試合からランナーが出た時は、しっかり返してというのが続けられていて結果的に大量得点に繋がりました

投手も粘れていました
➖ランナーは出ていましたが、最小失点で切り抜けて粘り強く投げて頂いたのでその点は良かった

次の試合に向けて
➖この調子でピッチャーが粘り強く投げて、打線もしっかり繋げてランナーが出た時はしっかり返してというのが続けられれば、良い試合が出来ると思うのでこれからも頑張りたいと思います

アセレント 廣嶋竜治 さん(齋藤 真梨子 より)

代表の廣嶋さんのインタビューです

初試合の感想をお願いします
➖ボロボロに負けてしまったので、今度は頑張って良い試合にしたいです。

バッティングは積極的に打てていたと思うのですが
➖前に当てることを目標に頑張っていたと思います

次の試合に向けて
➖次は逆に10点くらい取って勝ちたいと思います

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

G-LEAGUE

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る