先制した海族王がそのままリズムに乗る

2308_CNN_2737

yawaraka  vs  海族王 (5-2)

2015年8月16日13:00- 高花球場

担当:齋藤 真梨子  撮影:知念駿太



➖序盤から得点を重ねリズムを作る➖

海族王は初回、5番辻野のレフト前ヒットで先制をします。

その後、2回の攻撃では8番の上野、松丸とヒットで続き、1番の国松のライト前へのタイムリーヒットで追加点とします。

その後も盗塁などを積極的に仕掛け、この回一気に4点を追加し、相手を引き離します。

➖終盤に点を返し意地を見せる➖

この日2試合目の登板となる海族王の先発上野が、相手を寄せ付けない展開となったこの試合。終盤にyawarakaが維持を見せます。

4回、先頭の大西が2打席連続となるヒットを放つと、6番の松本がレフト前へのタイムリーで続きます。

5回にも先頭の平川がレフト前ヒットで出塁すると、大西のこの日3本目となるヒットがタイムリーとなります。終盤に追い上げを見せたyawarakaですが後一歩及ばず、序盤に勢いを付けた海族王の勝利となりました。



試合後インタビュー

海族王 辻野一貴 さん(齋藤 真梨子 より)

ヒーローインタビューです

2試合とも良くバットに当たっていましたが、打撃に関して意識していたポイントはありますか
➖リラックスして打つ事です

ランナーがいる場面で、まわってくる事もありましたが意識していた事や待っていたボールはありますか
➖ストレートを待って思い切り打とうと思っていました

次の対戦に向けて
➖次も勝ってG-LEAGUEで優勝したいです

海族王 宍倉泰紀 さん(齋藤 真梨子 より)

監督インタビューです

2試合目は初回から打線も繋がり、ご自身も出られていたと思うのですが、チームとして改めて気に掛けた事は
➖バッティングの面では申し分ない結果でしたが、守備がおろそかな部分もあるので、今後は守備も鍛えたいです

また対戦する機会があれば、意気込みなどは
➖入れられて、また入れられてというのが続くので、点を入れたら次の回はピシッと締められるように守備をしっかりと強化したいです

yawaraka 飯泉尊正 さん(齋藤 真梨子 より)

監督インタビューです

2試合目も守備交代の後、攻撃のリズムも出来ていたと思いますがチームとして改めて指示は出されていたのですか
➖1試合目と2試合目の守備位置、打順を変えたのですが、それが上手く噛み合いバントなども上手くいったのが得点に繋がったと思います

次の試合に向けて
➖意外と人数が集まったので、次も勝てるように頑張りたいです

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

G-LEAGUE

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る