平田の好投、打線の援護もありCTC Met’s 6-3で快勝

2285_IMG_0359

マルサカスピリッツ  vs  CTC Met’s (3-6)

2015年8月9日 二子第二球場

担当:加藤晃子  撮影:森崎明寿



平田投手の見事なピッチングで始まった、マルサカスピリッツvsCTC Met’s。CTC Met’sは初回を無失点で抑えると、1回に2点、2回に3点と、打線の援護もあり、6-3で勝利を収めた。一方のマルサカスピリッツも、ホームランが生まれるなど、好打も見えたものの、序盤の失点を埋められず、白星を逃した。

<4回無失点6奪三振と圧巻のピッチング>

1回の表、CTC Met’sの平田投手は1番バッターを空振り三振に取ると、続く打者も三振に抑える圧巻のピッチングで、三者三振に仕留めた。2回に四球で先頭打者を出すと、得点圏にランナーを進め、ピンチを迎えるものの、落ち着いたピッチングで乗り切った。最終的には、4回無失点6奪三振と好投が光った。

<マルサカスピリッツ、5回表の反撃>

6点ビハインドで迎えた5回表、マルサカスピリッツが反撃開始。坂口選手がデッドボールで出塁すると、続く本間選手も相手のミスから塁に。ノーアウト1、2塁、関選手の打球は右翼の頭上を越えた。会心の3ランHRで、3点差へ迫った。

<被本塁打のピンチも、三振で試合を締める>

5回から登板の立花投手は、関選手にホームランを打たれ、ピンチを迎える。なおも、ノーアウト。続く山崎選手をデッドボールで出塁させてしまい、ピンチは続く。しかし、最終打者から三振を奪い、この試合を締めくくった。



試合後インタビュー

CTC Met’s 平田直邦  さん(加藤晃子 より)

■ヒーローインタビュー

ーー出来に関してはいかがですか?
かなりできてたんじゃないかなと思います。序盤皆さんが2点3点と取ってくれてる中で自分も楽に投げれたのがちょっといい演出になったのかと思います。

ーー打線がつながりましたしたが、メンバーの方々に一言お願いします。
さすが僕達の先輩だなというところで、これからもみなさん頑張っていただければ0に抑えていきますので、勝てるのではないかなと思います。よろしくお願いします。

CTC Met’s 松浦勇人 さん(加藤晃子 より)

■CTC Met’s監督松浦さん

ーー今日の良かった点、悪かった点を教えてください。
前の試合で負けてだいぶ空いてしまったんですけど、今日は打線もつながりましたし、最後ちょっと打たれちゃったんですけど、平田が先発で0点に抑えてくれたので、いい試合ができたと思います。

ーー平田投手のピッチングに関してはいかがですか?
序盤ちょっとフォアボールが多いかなと(フォアボールは1つでしたと後ほど平田投手からご指摘をいただきました)思ったんですけど、最後徐々に調子も良くなってきて、今日の中盤から後半のピッチングをもっとできるようになれば、今後よりいい試合ができるのではないかと思います。

マルサカスピリッツ 本間 さん(加藤晃子 より)

■マルサカスピリッツ監督本間さん

ーー今日の良かった点、悪かった点を教えてください。
守備で結構エラーも少なく取ってたので良かったと思います。悪かった点はもう少し打点がばしばし打てればと思います。

ーー次回に向けて意気込みを。
もうちょっとバッティングのほうを練習していきたいと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る