ジャパン・ドリーム、序盤から点を重ね完勝

BlackStar  vs  ジャパン・ドリーム (1-7)

2015年7月26日 岡野公園野球場

担当:藤田昂毅・石川伸哉・岡翔子  撮影:佐藤武志



<担当:藤田 昂毅>

ジャパン・ドリームはG-LEAGUEデビュー戦のBlackstarに初回に1点を先制されたものの、すぐさま3点を取り返し、三回に1点、四回に3点と順当に追加点を重ね、相手を全く寄せ付けなかった。

常時試合の主導権を掌握し、かつBlackstarの攻撃を三安打に抑え、先発の宮野選手が三回~四回の六者連続三振や四回の四者連続三振を含む九奪三振を取り、完勝。

 ■Blackstar、初回に幸先良く先制

Blackstarは初回、先頭の1番 池田選手のセンターオーバーのツーベースでいきなりチャンスを作るとワイルドピッチで無死三塁。続く2番 垣田選手の内野ゴロでジャパン・ドリームのフィルダースチョイスを誘い、幸先良く先制。G-LEAGUE初得点!

■ジャパン・ドリーム、一回裏の反撃

ジャパン・ドリーム一回裏の攻撃は、先頭の1番 宮野選手が相手のエラーで出塁し、すかさず盗塁。続く2番 日山選手のライトへの絶妙なヒットで無死一、三塁のチャンス。二死後、5番 渡辺選手のデッドボールで二死満塁とすると、6番 新井選手のセンターへのツーベースヒットで二点を返し、逆転に成功。続く7番 秋元選手の打球も相手のエラーとなり、一点を追加してこの回三点。

■ジャパン・ドリーム三回の追加点

ジャパン・ドリーム三回の攻撃は、先頭の4番 野口選手がフォアボールで出塁すると、パスボール、盗塁を絡め、無死三塁。一死後、6番 新井選手の内野ゴロの間に一点を追加。新井選手はこの日三打点目。

■ジャパン・ドリーム四回の怒涛の攻撃

四回裏のジャパン・ドリームの攻撃は、8番 佐藤選手から1番 宮野選手まで連続フォアボールで無死満塁のチャンスを作ると、押し出しデッドボールやエラーでこの回一挙三点を追加し、試合を決定づけた。五回表のBlackstarの攻撃は先頭の3番 上野選手のフォアボールや4番 梅澤選手のデッドボールでチャンスを作ったものの、ジャパン・ドリーム宮野選手が断ち切り、101球完投勝利。

 

<担当:石川伸哉>

◆ジャパン・ドリーム前半のピンチを凌いで逆転勝利

デビュー戦となるBlackStarが初回に先制するも、その裏、内野守備の乱れをついてジャパン・ドリームが逆転すると、
先発宮野投手がしり上がりに調子を上げ、終わってみれば1失点毎回の9奪三振の快投で完投勝利をおさめた。

■先制点は一回表BlackStarが奪うがその裏すぐさまジャパン・ドリームがひっくり返す

初回先頭宮野選手が鮮やかに左中間を破る二塁打を放ち、その後Fcを誘って幸先よく1点をもぎ取った。
しかしその裏、BlackStar先発島田投手はピンチで3,4番を抑えて2死までこぎつけるが、5番に死球を与え、続く6番新井選手に中越えタイムリーを浴び逆転を許した。

■二回に追いつくチャンスがあったが・・・・

二回表、エラー(→走塁ミスで憤死)、内野安打、四球、エラーと相手がくれたチャンスがあったがあと1本が出ず。

■そこからジャパン・ドリームの先発宮野投手の快投が始まる。珍記録もあり。

4回に先頭から三振(結果は振り逃げ出塁)を奪うと、そこから3者連続三振で1イニング4奪三振の珍記録を樹立。前の回から合わせて6者連続奪三振を奪った。柔軟なフォームから腕が遅れて出てくる投球に、打者が対応出来ていなかった。

■BlackStarの2投手も今後に期待

先発島田投手の高めの速球は力があった。勝負所で球を置きに行った感があり少し残念なところである。
2番手白井投手は立ち上がりこそ制球難であったが、球の走りは十分抑える力はある。

 

<担当:岡翔子>

【捕手とは思えない!ジャパン・ドリーム宮野投手ナイスピッチング!!】

初回よりテンポ良い投球のジャパン・ドリーム宮野投手

2点リードの三回表には先頭打者のBlackStar4番梅澤選手にセンター前ヒットを打たれるも、その後くずれる様子なく次の打者を凡打で打ち取ると、三回四回と、6打者連続三振で試合の流れを渡さなかった。
デビュー戦だったBlackStar。私たちスタッフよりも先に全員が着替えて揃い、ウォーミングアップ、試合中の掛け声と、どれもやる気と向上心の見えるチーム。その気持ちで上を目指してほしい。

■チャンスに強いぞ!新井選手!!

初回先制をゆるした ジャパン・ドリームだったが、その裏2アウト満塁のチャンスを迎え、バッターは得点圏打率4割に迫る勝負強さを持つ6番新井選手。みごとセンターを抜ける二塁打を放ち逆転に成功すると、その後相手チームのエラーもあり、この回3得点をあげた。

■走れる4番!野口選手!!

ジャパン・ドリーム2点リードの三回裏、前の試合(6/14)ホームランを放った4番野口選手が足でも魅せた。先頭打者として四球で塁へ出ると、捕逸の間に二塁へ。その後三盗も決めると、続く打者の凡打の間にホームを陥れ、点差を広げた。リードしている状況でも貪欲に点を取りに行く姿勢のジャパン・ドリームに、あっぱれ!!



試合後インタビュー

ジャパン・ドリーム 宮野和成 さん(岡翔子 より)

-本日の試合を振り返ってお願いします。
初回に相手に先に点を与えてしまったんですけど、すぐ取り返して流れを作り直せて、そこからは良い流れのまま試合を進められたと思います。

-本日は101球で、三~四回には6打者連続三振でしたが、何か意識したことはありますか。
すっぽ抜けのボール球はバッターに有効ではないので、できるだけ低め低めを意識して、キャッチャーも全部止めてくれていたので、おもいきり腕振って投げることができました。

-次の試合に向けて一言お願いします。
なかなかピッチャーやらないので・・
今日はたまたま1イニングに一気に点を取れたんですけど、ちょっとずつ点を重ねて、守備からリズムを作って、良い試合を今後も続けていきたいです。

ジャパン・ドリーム 畠山監督 (岡翔子 より)

-本日の試合を振り返って良かった点を教えてください。
うまく集中打が出たこと。
それと、今日投げたいつもキャッチャーやってる宮野投手が好投してくれたことだと思います。

-監督の采配はいかがでしたか。
私としては何もしてないですね。50点。

BlackStar 金坂秀一 さん(石川伸哉 より)

今日はデビュー戦でみんな楽しく野球が出来たと思う。負けたのはすべて監督の責任です。
(謙虚ですね)
先発の島田投手は、これからどんどん伸びていってほしい。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る