中盤に打線爆発!ROCKET LAUNCHERSが逆転でフレッシュ対決を制す

ROCKET LAUNCHERS  vs  Reds (7-4)

2015年7月19日 浮間公園野球場(都立)

担当:吉田将来  撮影:絵田真愛



ROCKET LAUNCHERSとReds。ともに勢いのある若手チームが、浮間公園で激突。初回からゲームは動き始める。Redsの1番岸田選手と3番今枝選手がともに技ありのライト前ヒットでチャンスメークすると、押し出しのフォアボールなどで4点を先制する。2,3回は両チーム無得点でイニングが進むも、中盤になりROCKET LAUNCHERS打線が爆発。4回からの3イニングで3長打を含む6安打で7得点。ROCKET LAUNCHERSが7-4と逆転でRedsに勝利した。

<勝ち越しタイムリーを含む3安打2打点の大活躍!ROCKET LAUNCHERS 6番井出>

4回に9番清水と4番山木が外野の頭を超える打球を放ち、また終盤の3イニング続けて確実にタイムリーで得点するなど、チーム全体としてバットが振れていたROCKET LAUNCHERS。中でも、6番井出選手の打撃は見事であった。同点で迎えた5回。2アウト満塁のチャンスでセンターオーバーの勝ち越しタイムリーツーベース。この日3安打猛打賞の活躍で、チームを勝利へ導いた。

<流れを変えたナイスリリーフ!大久保 3回5奪三振0封>

また、この試合の流れを変えたのは、ROCKET LAUNCHERSの2番手大久保投手であろう。4回から登板すると、3イニングを5奪三振0封。打者9人をパーフェクトに抑えるテンポの良いピッチングを見せ、終盤の打線爆発をアシストした。

<活気溢れる両チーム!「声」による流れの掴み合いに試合がさらに盛り上がる>

「試合の流れを掴む」ー その上で、「声」というものは非常に大きな武器となる。若さ溢れるROCKET LAUNCHERSとReds。チャンスでチームを勢いづかせる声。悪いムードを断ち切る声。両チームの活気溢れる声かけが非常に見応え・聞き応えのあるものであった。勝敗を決めるのはわずかな差。今回はROCKET LAUNCHERSが勝ったものの、Redsも今後の活躍が楽しみになる試合運びであった。



試合後インタビュー

ROCKET LAUNCHERS 井出雄大 さん(吉田将来より)

☆ヒーローインタビュー

ー5回の第3打席で見事な決勝タイムリー。あの打席では何を考えていましたか?
「後のバッターにつなぐことを考えて、来て球を振り抜きました。」

ー今日は決勝タイムリーと合わせて3安打の固め打ちでしたね。好調の要因はなんでしょうか。
「とにかく素振りなどの「やれること」をやってから試合に臨むことが重要だと思っています。」

ー次戦へ向けて抱負を一言!
「今日は出来過ぎだと思いますが、次戦もこれくらいの活躍ができるようにしたいです。応援よろしくお願いします!」

ROCKET LAUNCHERS 清水雄介 さん(吉田将来より)

ーチーム全体で「振れているなあ」という印象を持ちました。打線好調の要因はなんでしょうか。
「各自が仕事の合間に素振りやイメージトレーニング欠かさずに行えていることだと思います。」

ー守備面では、岩本・大久保両投手がいいピッチングを見せましたね。
「先発の岩本は立ち上がりはコントロールに苦しみましたが、2回からは持ち前の明るさで流れを呼び込むピッチングをしてくれました。2番手の大久保は持ち前の真っ直ぐの速さと変化球のキレでチームに勢いを与えるピッチングをしてくれました。2人のピッチングがチームの打撃にも繋がったんだと思います。」

ー次戦へ向けて抱負を一言!
「今日は初回に4点取られてしまったので、初回からリズムよく守れるように頑張っていきたいです。」

Reds 鈴木悠介 さん(吉田将来より)

ー今日の試合を振り返って
「攻撃面は序盤に相手が苦しんでいるところにうまく付け込めました。後半から、相手のピッチャーがだんだんコントロール良く決まるようになり、追加点が取れなかったところで、流れを奪われてしまいました。」

ー守備面では
「ピッチャーが苦しみつつも要所要所抑えていたのですが、最後に相手バッターのタイミングに合ってしまって、大量点を奪われてしまいました。」

ー木製バットを使っている選手が多く見受けられました。「木製バットブーム」なんですか?
「硬式出身の選手が多く、特殊バットよりも木製バットの方が硬式バットに近い感触で打てるということで、好んで使っているようです。」

ー次戦へ向けて抱負を一言!
「次の試合は中盤で自分たちで点を取って、いい流れで野球をしていきたいです。」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る