ジェネシス打線をつなぎ逆転勝利

2217_IMGP102015-07-12 9 30 53

末廣ヌードルズ  vs  ジェネシス (2-3)

2015年7月12日 大宮けんぽグラウンド

担当・撮影:清水宏美



先制は末廣ヌードルズ。

四回表、二死満塁の場面で7番山下選手がライトオーバーの打球でランナー2人をホームへ返した。

しかしここで流れを譲らなかったジェネシス。

四回裏、幡谷選手の犠飛で1点を返し、フォアボール押し出しで追加点。そして逆転は五回4番植田選手による犠飛。確実に打線をつなぐことで逆転を果たした。その後六回も継投したジェネシス幡谷投手が4番以降3人を三者凡退で抑え、ジェネシス勝利となった。



試合後インタビュー

ジェネシス 植田蓮 さん(清水宏美より)

逆転の犠牲フライを決めたジェネシス 植田選手へのヒーローインタビューです。

ー犠牲フライ狙いで打ったのでしょうか?
内野が前に来ていたので、外野フライをあげるつもりでした。

ー待ってた球はありましたか?
ストレートです。

ー狙い通りの球だったのでしょうか。
そうですね。打った瞬間浅いなと思ったんですけど、ランナーのスタートが速かったのと、送球がそれてくれたので、点が入ってよかったです。

ー今日の打撃の調子はいかがでしたか?
いつもの打撃はできなかったんですが、打点になってよかったです。

ー次への意気込みをお願いします。
全力でやるので、次もお願いします。

ジェネシス 植松哲史 さん(清水宏美より)

ジェネシス 植松監督へのインタビューです。

ー試合を振り返っていかがでしたか?
途中からけっこうみんな打てていて勝てたので、いい試合だったと思います。

ー打線が後半調子が上がってきたのは、理由があるのでしょうか?
最初タイミングが合っていなかったのを合わせることができました。

ー植松投手・幡谷投手のピッチングはいかがでしたか?
自分はそんなだったのですが、幡谷さんはよかったです。

ー末廣ヌードルズさんに一言お願いします。
ありがとうございました。途中で色々ありすみませんでした。またお願いします。

末廣ヌードルズ 大澤照明 さん(清水宏美 より)

末廣ヌードルズ 大澤監督へのインタビューです。

ー本日の試合を振り返っていかがでしょうか。
反省点だらけです。走塁から守備からミスが多くて、それがこの結果につながっています。

ー良かった点はありますか?
ピッチャーがなんとか、暑い中ひとりでふんばれたので、今後に向けて良い収穫でした。

ージェネシスさんに一言お願いします。
若いだけあって、しっかり振れているので、うちも負けないようにしっかり振っていきたいと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

G-LEAGUE

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る