チャンスに強い!横濱マリーンスターズの勝利!

2221_281

NONAME  vs  横濱マリーンスターズ (2-12)

2015年7月11日 岡野公園野球場

担当:岡翔子・石川伸哉・加藤晃子  撮影:蒔苗比呂志



<担当:岡翔子>

同点で迎えた二回表ノーアウト二塁の場面、三塁方向に転がった打球にランナーが走りだすと、守備の横濱マリーンスターズ全員で声を出し合い、みごとランナーをアウトに。
流れを引き寄せた横濱マリーンスターズはその裏、1点リード満塁の場面で増田選手が三塁打を放つ等、チャンスでの強さを発揮し、流れそのままに勝利した。

負けたNONAMEだったが、キャッチャー新井田選手の難しいボール球への反応が良く、横濱マリーンスターズから『ナイスキャッチャー』の声があがるほど。
キャッチャーが良いチームは強くなる。デビュー戦を終え、次戦が 楽しみだ。

■NONAME、G-LEAGUE初安打

一回先攻NONAME、先頭の嶋田選手が三塁方向への技ありの内野安打で出塁すると、安部選手、続く藤澤選手のタイムリーで、G-LEAGUEデビュー戦の初回にして2得点をあげた。

■試合が動いた二回

2-2で迎えた二回、表を0点に抑えた横濱マリーンスターズは、フォアボールにヒットで満塁に。増田選手が初球からバットを振りぬき三塁打を放つ等、一挙6得点をあげた。

■リズムにのる嶋田投手

30度を超える暑さの中、横濱マリーンスターズ嶋田投手のテンポはますます良くなるばかり。四回表を3人で終わらせると、その裏、ランナー 一三塁の場面での植木選手の三塁打を含む4得点で試合を決めた。

<担当:石川伸哉>

2-2で迎えた二回裏、3四球と安打で勝ち越すと、横濱3番増田選手が左中間最深部へ走者一掃3点適時三塁打を放ちNONAMEを突き放す。横濱は終回にも追加点をあげ、コールド勝ちをおさめた。

【横濱がビッグイニングで試合の主導権を握る】

序盤から四球とエラー絡みで点の取り合いとなるも、二回突然5四球と崩れた安部投手のスキをつき効果的に得点を挙げた。

【横濱先発嶋田投手は走者は出すが、要所を締め2失点に抑える】

初回NONAME3番阿部選手4番藤澤選手の連打等で2点を失い、二、三回にも二塁に走者を背負う苦しい投球が続いたが、そこから崩れる事なく後続を打ち取った。

【やっぱり野球は人数が揃わないとね~】

実はNONAMEは7人しか集まらず、あわや不戦敗(試合不成立)の危機だったが、横濱が11人揃っていて2人お借りして試合が出来た。横濱井上監督に感謝!

<担当:加藤晃子>

2-2で迎えた2回裏、打者1巡の猛攻で一挙6得点を挙げた横濱マリーンスターズ。勝負を決めたのは3番増田選手のセンターオーバーの3ベースヒットだった。1点リードの1死満塁、初球から迷うことなくバットを振った増田選手。バットはボールを見事にとらえ、快心の一打で相手を突き放した。

■4回3被打の好投

1回表、3本のヒットを許し2失点を喫した、先発の嶋田投手。出だしこそくじかれたものの、その後は相手を確実に抑え、得点を許さず。4回を投げ切り、許したヒットはわずか3本と好投を見せた。

■確実に相手を突き放す

4回裏、またしても増田選手が初球をセンター前へ運ぶ。その後クリーンナップが倒れ、2死となるも、8番植木選手が三塁打を放ち、リードを9点に広げた。

■チャンスを活かし大量得点

最後は相手のエラーで植木選手がホームイン。4回12得点と大爆発の横濱マリーンスターズ打線は、相手のミスも逃さず、4回コールドで快勝を収めた。



試合後インタビュー

横濱マリーンスターズ 野田尚平 さん(加藤晃子 より)

【選出理由】2回裏、1点リードで相手を突き放す2塁打を放つ。さらに、4回にも増田選手のヒットから始まった。

-打席に立った時の気持ちは?

やっぱり、ピッチャー嶋田さんが頑張っていたので、あそこの場面では絶対打ちたいと思って、打席に立ちました。

-ヒットを打った後の感想?

うちのキャプテンが全然使えないので、あそこで打ったのが、プラスになって、チームに貢献できて嬉しかったです。

横濱マリーンスターズ 井上 慎 さん(石川伸哉 より)

今季二戦目で打線が繋がってホッとしている。今日はエースをはじめメンバーが揃ったので守備面での不安がなかった。初回から中軸が打って、下位は四球等で出塁して、守備面と合わせて良いスパイラルが回せて良い試合だった。

NONAME 佐藤 栄次 さん(岡翔子 より)

-本日の試合を振り返って、良かった点・悪かった点を教えてください。
良かった点は、初回に点が入ったことです。初回から攻められて良かったです。
悪かった点は、人数を集められなかったことです。ご迷惑をおかけしました。。

-デビュー戦を終えて感想をお願いします。
デビュー戦にしては上々だったと思います。
これからも経験を積んで強くなってい きたいです。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

G-LEAGUE

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る