投手が粘りを見せたRedsが勝利

2185_CNN_0080

VADERS  vs  Reds (2-10)

2015年6月28日 大宮けんぽグラウンド

担当:齋藤 真梨子  撮影:知念駿太



梅雨の晴れ間に大宮けんぽで行われたVADERSvsRedsの試合は、投手が粘りを見せたRedsが勝利を収めました!!

-Redsが序盤から粘りの攻撃を見せる-

2回に先頭の鈴木が塁に出ると、そこから打線が繋がります。全員が投手の球を見極め、出塁を続けました。3回には、遠藤と岸の連続スリーベースなど得意な球を見逃しません。その後も、毎回得点を重ね一気に点差を広げます。

-VADERSが3回に攻めるも要所を締めるピッチングを遠藤が見せる-

得点を入れた後のRedsの守備、3回のVANDERSの攻撃は、相手の隙を突き得点に繋げます。しかしReds先発の遠藤が、要所を締めるピッチングを見せ逆転を許しません。

-試合の反省点は次回に活かす-

今回エラーからの失点が目立ってしまったVADERSですが、今後は守備面もしっかり練習したいとこ事でした。勝利したRedsも前回の試合で打てなかった分、今回の試合で打てていた選手もいて、両チームとも次回に反省点を活かす事が出来るのではないでしょうか。



試合後インタビュー

Reds 岸田紘興 さん(齋藤 真梨子より)

ヒーロー岸田さんのインタビュー

ー全打席出塁してますが心掛けたポイントは
前回打てなかったので今回は打とうと球を決めていました。

ー次回に向けて
次回も同じ事を心掛けて、結果を出せる様に頑張りたいです。

Reds 鈴木悠介 さん(齋藤 真梨子より)

ー今日の試合で心掛けいた事
前回が無失点で終わってしまったので、繋ぎといつも通り走る事を意識して大量得点に繋げる事ができました。

ー投手も粘れていた
本人は調子が悪いと言っていたが、変化球とストレートを組み合わせ、キャッチャーと粘りながらやってくれたと思います。

ー次回に向けて
自分達の野球、走って繋げてを、心掛けたいと思います。

VADERS 外川友樹 さん(齋藤 真梨子 より)

ー今日の試合の反省点
エラーが多かった

ー3回に打線が繋がった際に意識していたポイント
ヒットが出ていなかったので、塁に出る事を意識しました。打ち上げずにゴロを打とうと心掛けました。

ー次回に向けて
打てていないのはいつもの事なので、守りからしっかりしていこうと思います

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

G-LEAGUE

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る