波に乗った芝中おーたず打線!4番村上のホームランで盛り上がりは最高潮に

2171_CNN_2440

VADERS  vs  芝中おーたず (1-6)

2015年6月21日 大宮けんぽグラウンド

担当:清水宏美  撮影:知念駿太



「ちゃんと野球やってる!」初回、先頭打者の出塁、2番の犠打成功で序盤から盛り上がる芝中おーたずから上がった歓声。

初回から得点し波に乗ったおーたずは、三回五回とクリーンナップが機能し、得点を重ね、快勝を決めた。五回、4番村上選手のレフトオーバーのホームランで、ベンチの盛り上がりは最高潮に達した。安田投手も、1失点の好投。打ち取るだけでなく奪三振も5つ積み上げ、ピッチャーとしての着実な成長を感じさせた。

VADERSも打線を繋ごうとし、六回外川選手の左中間へのヒットで1点を返し、最終回も盗塁で攻めてチャンスをつくるが、及ばずとなった。



試合後インタビュー

芝中おーたず 村上賢汰 さん(清水宏美より)

本日一番の盛り上がりのホームラン!芝中おーたず村上選手へのヒーローインタビューです。

ー狙い球はありましたか?
特にありません!

ーいつもどのようなバッティングを心がけていますか?
思いっきり振るのがとりえなので、打席では常にそれを考えています。

ー今回の打席でも、球種選ばず振っていったんですね。
そうです。あとはタイミングが早いというのがあったので、足を上げて調整しました。

ー当たった瞬間の手応えはいかがでしたか?
打ち上げたなという感じでしたが、思ったより飛んでくれました。

ーホームランの感想をお願いします。
振った結果がつながったので、よかったです!

芝中おーたず 吉田将来 さん(清水宏美より)

芝中おーたず吉田監督へのインタビューです。

ー勝因を教えてください。
上位打線が機能し、着実に点が取れたことですね。オーダーの組み替えと、盗塁やバントなどの作戦を取り入れた効果がいきなり出ました。

ーこの試合から始めたのですか?
はい、この試合からオーダー決めを森打撃コーチ、攻撃の采配を村上ヘッドコーチに選手兼任で任せています。「おーたず新体制」がいきなり上手く回ってくれました。

ー中でも3番4番が活躍していましたね。打撃の好調は続きそうですか?
大屋と修平の1,2番コンビがしっかりとチャンスメークをしてくれているので、吉澤と村上も良いテンションで打席を迎えられていると思います。村上は自分で攻撃面の采配もしているので、責任感が良い方向に働いてくれています。村上のホームランは感動しましたね。後を打つ僕と森の調子も上がってくれば、厚みのある打線になると思うので、今後が非常に楽しみです。

ー守備面では安田投手が1失点完投が光りましたね。出来はいかがでしたか?
序盤はスローカーブを中心に100点に近い内容だったと思います。中盤以降も、ランナーを出しても粘り強く投げてくれました。野手のミスにも動揺することなく、自分のピッチングを貫いてくれました。毎試合、有言実行してくれるので、頼もしいです。今や「おーたずのエース」ですね。

ー次戦へ向けて一言お願いします。
「おーたず新体制」は初陣から、完璧に近い内容だったと思います。前回の逆転負けが、チームを良い方向へ向かわせてくれました。さらに一人一人が活躍できるシーンを増やし、楽しくにぎやかに連勝街道を突っ走っていきます!

VADERS 外川友樹 さん(清水宏美 より)

VADERS外川監督へのインタビューです。

ー本日の試合振り返って良かった点からお願いします。
あんまりないんですけど、ピッチャーの2人のがんばりでしょうか。悪かった点は、特に打撃で、相手の釣り球に手を出してしまいフライばっか打ってしまったことです。あと、エラーでピッチャーの足を引っ張ってしまったことです。

ー打ちにくい球でしたか?
いえ、見やすい分、打ちに行こうとしてしまい、焦ってしまいました。相手の様にセンター返し基本で打っていくべきでした。大きいの狙おうとしてしまったんですかね。。。

ーどのように次に活かしますか?
大きいのを狙わず、センター返し基本・単打基本の心がけでいければと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

G-LEAGUE

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る