要所の2本で勝ちを引き寄せ、金山ベースボールクラブ勝利

2170_CNN_0508

金山ベースボールクラブ  vs  中防トンネルズ (3-0)

2015年6月21日 夢の島総合運動場

担当:清水宏美  撮影:知念駿太



G-LEAGUE初登板の中防トンネルズ大場投手の好投に苦しめられた金山ベースボールクラブだが、少ないチャンスをモノにし、勝利をもぎ取った。

金山ベースボールクラブ、まずは三回、中村選手が自身今シーズン一番の当たりというホームランをレフトオーバーに放つ。そして七回、得点圏打率5割を誇りチャンスに強い本嶋選手が、ランナー2人が溜まった場面でレフト前ヒットを放ち追加点。試合を決めた。

中防トンネルズは、毎回先頭打者を出塁させるものの、最後の一本につながらず。ヒット数では相手を上回ったものの、惜しくも敗戦となった。



試合後インタビュー

金山ベースボールクラブ 中村享史 さん(清水宏美より)

先制のホームラン!金山ベースボールクラブの中村選手へのヒーローインタビューです。

ー待って球はありましたか?
とりあえずまっすぐに合わせていて、変化球はカットしようと思っていました。

ー初球から狙っていきましたね。
ファーストの肩がよくなかったので、セーフティバントを狙っていたのですが、ファールになってしまったので、切り替えて、高めが多いピッチャーだったので、高めを狙いました。

ー当たった瞬間は?
当たった瞬間に抜けると思いました。

ー帰還できると思いましたか?
疲れました。笑 三塁で止まるつもりだったのですが、中継がもたついていたみたいだったので、走りました。

ーホームランの感想をお願いします。
今シーズン一番いい当たりで気持ちよかったです。

金山ベースボールクラブ 竹内崇大 さん(清水宏美より)

金山ベースボールクラブ竹内監督へのインタビューです。

ー勝因を教えてください。
粘り強く守って、中村の一発が出たというところが最大の勝因です。

ー本日の守備はいかがでしたか?
一回から五回までノーアウトランナー一塁を繰り返して、最悪な展開でしたが、エース大矢を中心にしっかり守備をできたと思います。

ー大矢投手の調子はいかがでしたか?
いつも通り調子は良かったのですが、一回から五回まで連続で先頭を5人出すのはどうかと思います。

ー打撃はいかがでしたか?
相手のピッチャーがよかったのでなかなか打てなかったですが、ここぞというところで、中島・本嶋が打てたので良かったと思います。

ー中防トンネルズさんに一言お願いします。
ピッチャーを中心に非常にいいチームだと思いました。またよろしくお願いいたします。

中防トンネルズ 小川悦哉 さん(清水宏美 より)

中防トンネルズ監督代行の小川さんへのインタビューです。

ーナイスゲームでした。投手の出来はいかがでしたか?
大場という選手を先発させました。位置付けとしてはまだ3番手くらいの人間で、試しに投げさせてみたのですが、ものすごいいいピッチングをしてくれたので、自責点は
実質ゼロだったと思います。テンポもよくて素晴らしいピッチングでした。

ー具体的にどこらへんがよかったですか?
フォアボールも少なかったですし、コントロールのキレもよかったです。ほとんど先頭バッターも出しませんでした。成績見ても分かる通り味方のエラーによって点をとられた、最初のホームランもレフトの選手が目測を誤ったところがあるので、カットボールがうまくいかなかったりと。自責点が実質的にはゼロだったと思います。

ー打撃はいかがでしたか?
もともと打てるチームじゃないので、なんとか機動力をつかってというところだったのですが。今日は一死二塁というのをどうにかつくって、そこで二死三塁にしかできなかったので、あと一本が出なかったかなと。そうではなく、一死一三塁などがつくれればよかったなと思います。一死二塁までは思惑通りにゆきました。

ー金山ベースボールクラブさんに一言お願いします。
ものすごく強いチームだと思いました。攻守共にレベルが高かったので、またご対戦お願いします。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

G-LEAGUE

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る