先発照沼が4回ノーヒットピッチング!UNITY JAPANが「無敗対決」制す

20150620_Reds vs UNITY JAPAN

Reds  vs  UNITY JAPAN (0-11)

2015年6月20日 大宮けんぽグラウンド

担当:吉田将来  撮影:清水宏美



デビューから2連勝中のRedsと4連勝中のUNITY JAPAN。絶好の野球日和の大宮健保グラウンドで、「無敗対決」がプレイボール。試合が動いたのは2回ウラ。先頭の5番荻野選手がレフトオーバーのツーベースを放ち、チャンスメークをすると、フォアボールと相手の守備の乱れを逃さず、4点を先制。投げてはUNITY JAPANの先発照沼投手が4回を無安打に抑える快投 で試合の主導権を渡さない。3回ウラには、1番土屋選手・3番萩原選手・6番鯨岡選手のタイムリーなどで7点を追加し、11-0でUNITY JAPANに軍配が上がった。

バックを信頼し、打たせて取る!UNITY JAPAN先発照沼、4回ノーヒットピッチング

試合の流れを作ったのは、照沼投手の落ち着いたピッチングだった。「制球を意識した」というコメント通りに、与えた四死球はわずか2個。打たれたヒットはなんとゼロ。テンポよく打たせて取る投球で4回を無失点で抑え、勝利の立役者となった。

下位打線でチャンスメーク、上位打線がきっちりタイムリー!UNITY JAPAN打線3回一挙7得点

2回に4点を先制したUNITY JAPANは、続く3回も攻撃の手を緩めない。5番から下位へ向かう打順でもしっかりとボールを見極めてランナーを貯め、1アウト満塁でバッターは1番土屋選手。じっくりとボールを見極めてフルカウントからの6球目。打球は左中間へ2点タイムリーヒット。3番萩原選手も左中間へ2点タイムリーヒットで効果的に加点していった。下位打線でしっかりとチャンスメークし、上位打線がきっちりとタイムリーで返す。理想的な攻撃でUNITY JAPANが大量リードを奪った。

Reds&UNITY JAPAN 両チームともに堅守でピッチャーを盛り立てる

この日は両チームともに、守備陣の堅守が光り、ピッチャーを盛り立てていたのが印象的であった。Redsは毎回ランナーを許す苦しい展開ながらも、守備陣は落ち着いたゴロさばきとフライ捕球を見せていた。UNITY JAPANは、照沼投手の打たせて取るピッチングに、ノーエラーという堅い守りで応えていた。中でも、3回Redsの9番小山内選手の大飛球をナイスキャッチしたレフト 鯨岡選手の守備は見事であった。


試合後インタビュー

UNITY JAPAN 照沼亮人 さん(吉田将来より)

ヒーローインタビュー

ー4回無安打無失点のナイスピッチングでした。好投の要因は?
課題だった制球の部分を意識できたことだと思います。打ってもらって、後ろに守ってもらうその意識でマウンドに立ちました。結果として、多少フォアボールを出してしまったのですが、安打もなく試合を終えることができたので良かったと思います。

ー週末の野球で活躍するために、普段から準備はしているのですか?
社会人で運動ができる時間は限られているのですが、空いた時間を見つけて、バッティングセンターに行ったり、ランニングをしたり、空いている先輩を見つけてキャッチボールをしたり、普段から体を動かしています。

ー次戦へ向けて抱負を一言!
UNITY JAPANはG-LEAGUEに加盟してまだ日の浅いチームですが、おかげさまでここまでいい試合を続けられているので、これからも一戦一戦集中していい試合をしていきたいです!

UNITY JAPAN 鯨岡勇貴 さん(吉田将来より)

監督インタビュー

ーズバリ今日の勝因は?
今日は打線が一人一人つなげる意識をもってやってくれたことが、大量点につながり、それが勝因となったと思います。

ー4回無安打無失点の照沼投手のピッチングも光りましたね。
頑張って投げてくれました。彼のピッチングも勝因の一つです。

ー次戦へ向けて抱負を
次の試合も一点一点積み重ねて、勝てるようにしたいと思います。

Reds 味岡慶輔 さん(吉田将来 より)

監督インタビュー

ー今日の試合を振り返って
打撃面では全く打てなかったことと、守備面ではピッチャーの自滅が負けにつながってしまいました。

ー次戦へ向けて一言
もっともっと打って勝ちたいと思います!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る