梅雨にも湿らず ウムラウツ打線

20150620_ROCKET LAUNCHERS vs ウムラウツ

ROCKET LAUNCHERS  vs  ウムラウツ (3-9)

2015年6月20日 城北中央公園野球場

担当:富田隆  撮影:絵田 真愛



梅雨の合間に行われた練馬区・城北中央公園での試合は、ウムラウツが2桁安打でROCKET LAUNCHERSを破った。
好調ウムラウツ打線は5・6・7番が計8安打、中でも7番佐々木選手は3打席連続適時打で5打点の活躍。これでチームは負けなしの3連勝とした。
ROCKET LAUNCHERSは終盤の反撃で粘りを見せたが、途中の失点が重く逆転ならず。

連打で逆転ウムラウツ

1点を追うウムラウツは二回に反撃。無死二塁から5番小嶌選手が三塁内野安打で好機を広げると、続く佐藤選手が右前に弾き返してまず1点。さらに佐々木選手の二塁手前で大きく跳ねる当たりが適時打となり、逆転に成功した。

振ればタイムリー 佐々木5打点

ウムラウツは四回に3点、五回にも3点を加えて着々とリードを広げた。7番佐々木選手は2打席目に三塁線を破る2点二塁打、3打席目も左越えの2点三塁打を放ち、この試合 計5打点の大当たり。
先発の右アンダースロー佐藤投手は6イニングを投げて自責点1。バットの芯を外す安定した投球を見せた。

ROCKET LAUNCHERS反撃届かず

ROCKET LAUNCHERSは初回に敵失で先制。五回は2死から7番山木鉄選手が内野安打で出塁すると、続く坂井英選手が右翼線に落として1点を返した。六回には4番畑中選手の左前安打でさらに1点を返したが、逆転には至らなかった。



試合後インタビュー

ウムラウツ 佐々木拓磨 さん(富田隆より)

「今日は僕が監督として出る初めての試合だった。打順を前の試合とはかなり入れ替えてて、それがうまくハマったかなと思います」

― バッターとしても3打席連続タイムリー、計5打点と大活躍でした。
「1打席目でちょっと振り遅れたんで、2打席目3打席目はポイントを前にしました。3打席目は右手で結構押し込めた感じで、だからレフトの頭を越えたのかな。すごいよかったと思います」

ROCKET LAUNCHERS 山木純平 さん(富田隆 より)

「攻撃に関しては・・・ヒットも少なかったし、打席が淡白でどんどん回が進んでしまった。気付いたら4回5回になっていた感じです。守備に関しては、打たれる分には全然構わないんですが、その後のカバーリングだったりボールの処理だったりがちょっと遅くて、ランナーを1コ先の塁に進めてしまうケースが多かったなと思います」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

G-LEAGUE

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る