金山BBC大沢がエンドランを決め決勝点を勝ち取る!勝ち越しの3勝目!

20150531_VADERS vs 金山ベースボールクラブ

VADERS  vs  金山ベースボールクラブ (2-3)

2015年5月31日 大宮けんぽグラウンド

担当:清水宏美  撮影:松永英明

1 2 3 4 5 6
V 0 0 2 0 0 0 2
0 0 0 0 3 3

大宮けんぽグラウンドが強風に見舞われたこの日。しかし、外野に飛んだフライを両チーム野手は落とすことなく、投手もコントロールを惑わされず、締まったいい試合となった。

先制点はVADERS。三回表、小沼選手がリーグ初ヒットをライトオーバーに飛ばし、2塁打でまず1点。勢いをつけた打線は後続の山中選手のセンター前ヒットにもつながる。1人目の走者ホームインの後、さらにもう1人ホームインを狙い激走するも、タッチの差でアウト。両チーム湧き上がる。

この日の逆転は、絵に描いたようなエンドラン。五回裏、岸野選手の左中間への当たりで同点に追いついた後、一死走者三塁の場面で、監督が出したサインを見事に決めたのは本日のヒーロー大沢選手。少ないチャンスを確実にものにした金山ベースボールクラブに、この試合軍配があがった。金山ベースボールクラブはこれで今シーズン、3勝2敗の勝ち越し。

試合後インタビュー

金山ベースボールクラブ 大沢孝徳 さん(清水宏美 より)

五回裏、エンドランを決め逆転に導いた金山ベースボールクラブ 大沢選手へのヒーローインタビューです。

ーエンドラン、うまく決まりました。サインが出ていたのでしょうか?
はい。あのカウントで出ました。

ーフルカウントになったタイミングで出たんですか?
はい。それまではノーサインでした。

ー見事に決まった、というわけですね。練習だとかはされているんですか?
練習はしないんですが、もともとああいうボテボテのゴロは得意なので、当てただけなんですけれども。

ー待ってた球種はありましたか?
2-3だったので、ストレート主体のピッチャーだったので、ストレートでストライクを取りにくるだろうなあと思ったので、ストレートに当てにいくつもりでいました。

ーまた、本日は登板予定だったのですが、肩を痛められたのですか?
もともと痛めてたのですが、アップのキャッチボールの段階でダメそうだったので、辞退させていただきました。

ー治して次、いけそうでしょうか?
そうですね。治してがんばって投げれればと思います。

ー次回への意気込みをお願いします!
いい流れで勝つことができたので、次からもひとつひとつ勝っていければと思います。

金山ベースボールクラブ 竹内崇大 さん(清水宏美 より)

金山ベースボールクラブ 竹内監督のインタビューです。

ー本日の勝因を教えてください。
前半粘り強く点を少なく抑えられて、後半にウチらしい点の取り方ができたところです。

ー決勝点の場面、エンドランのサインが見事に決まりましたが、竹内監督のサインですね?
竹内監督がサインを出して、大沢選手にきちっと遂行していただいたことが、今回の勝因です!(笑)

ー継投した投手陣へのコメントをお願いします。
先発予定していた大沢が投げれなくなって、緊急登板だったのですが、みなさん継投でうまくつないでいただきまして、見事勝つことができました。ありがとうございました。

ーVADERSさんに一言お願いします。
いろいろご迷惑をおかけしてしまいましたが、ありがとうございました!

VADERS 外川友樹 さん(清水宏美 より)

VADERSの外川監督へのインタビューです。

ー今日の試合を振り返っていかがですか?
ヒットが出なくて負けた、という話だと思います。向こうはタイムリーとかいいヒットが出てたので、・・・そこですかね。

ー投手陣の出来はいかがでしたか?
ピッチャーはすごくよかったです。向こうが少ないチャンスをものにしてきて、うちはできなかったですね。締まったいい試合でした。

ー金山ベースボールクラブさんに一言お願いします。
雰囲気もよくて、全力疾走とかもするチームなので、もう1回リベンジしたいです。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

G-LEAGUE

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る