3回で15安打!打線爆発 佐川グローバルロジスティクス

20150510_泉州電業 vs 佐川グローバルロジスティクス

泉州電業  vs  佐川グローバルロジスティクス (4-15)

2015年5月10日 江戸川ライン野球場

担当:清水宏美  撮影:下池裕也

1 2 3 4
0 0 3 1 4
0 10 5 15

初回からミートを狙ってどんどん打ちに出た佐川グローバルロジスティクス。四回終了でコールド勝ちの強力打線を魅せた。

▪︎佐川 「全員還すぞ!」
二回先頭打者大杉選手のヒット出塁を皮切りに、二回三回で打線が爆発。盗塁でも攻め続け、走者の帰塁にチーム一丸となる。本日ヒーローの栗原選手は引っ張り気味の打球で3安打5打点をあげた。

▪︎泉州電業 4番恩田の存在感
追いかける泉州電業、三回表 二死満塁のチャンスで打席に立ったのは、恩田選手。脅威の打率5割越えの4番打者は、初球を見事にとらえ、センター越えの三塁打を放った。泉州電業はこの後五回表でも坂口選手がランニングホームランを飛ばすが、点差を埋めることができなかった。

試合後インタビュー

佐川グローバルロジスティクス 栗原滉佑 さん(清水宏美 より)

先制タイムリー初め三安打の活躍の佐川グローバルロジスティクス 栗原選手のヒーローインタビューです。

ー二回裏先制タイムリーの場面、満塁のチャンスでした。どのような気持ちで打席に入りましたか?
試合自体が久しぶりだったので、初球から思いっきり振れたらと、そんなに考えずに打席に入った結果です。

ー2打席目以降もヒットが続きましたが、本日の打撃の調子はいかがでしたか?
2本目は結果としてはヒットでしたが、内実ただのセンターフライだったのでまだ詰められるところはいっぱいあるなと思います。どんどん練習して一勝でも多くできるようにがんばっていきたいです。

ー今季の調子はいかがですか?
今シーズン調子いいです!

ーふだんバッティングで心がけていることはありますか?
無理に打たない。引っ張れるところは引っ張る、流せるところは流す、そんなに深く考えずに来た球を打つ、という感じです。

佐川グローバルロジスティクス 伊藤剛 さん(清水宏美 より)

佐川グローバルロジスティクス 伊藤剛監督にインタビューを行いました。

ー本日の試合を振り返っていかがでしょうか。
今日に関しては、のびのびやろうということで、一点ずつ重ねていった結果です。バッティングはいいところが出ました。ただ投手に関しては、課題が残るゲームになりました。

ー打撃面の成功ポイントを教えてください。
ミート中心にやろうということで取り組みましたけれども、ミート中心につなぐ野球ができたと思います。

ー伊藤さんから見て好調だった選手はいましたか?
みんな「好調」ではないですね。まだ調整段階です。

ー投手の課題はどんなところでしょうか?
コントロールです。全然甘いです。

泉州電業 山本大河 さん(清水宏美 より)

泉州電業 山本選手に、チームを代表しコメントをいただきました。

ー今日の試合を振り返っていかがでしょうか?
相手の力が上回っていたと思います。こっちの力が及びませんでした。

ーどのような点で及ばなかったのでしょうか?
相手の打撃・・・積極的に打ってくるところ、そしてミスの少なさです。うちは今日ミスも多かったので。相手の方が力があったなと思います。

ー本日ミスが目立ってしまいましたが、ふだん守らないポジションも守ってらっしゃったかと思います。
本日メンバーも揃っていなかったので。。。

ー山本さん、投げてみていかがでしたか?
自分ピッチャーやったことなかったので、ストライクを入れるのでいっぱいいっぱいでした。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る