初回に大きな波に乗るG-RANGER

20150426_G-RANGER vs ライジングサンズ

G-RANGER  vs  ライジングサンズ (9-2)

2015年4月26日 大井ふ頭中央海浜公園野球場

担当:大垣伸悟  撮影:中尾敦司

1 2 3 4 5
G 3 0 0 1 5 9
0 2 0 0 0 2

夕方から始まったG-RANGER vs ライジングサンズ戦。最後には照明を灯したナイトゲームになるという序盤と終盤で雰囲気がガラリと違う試合となりました。

先頭打者 原口選手が四球で出塁するとすかさず二盗。そして2番 中野選手がセンター前タイムリー2ベースで先制。ワンチャンスで仕留める職人的プレーを垣間見ました。
その後も四死球で満塁の場面を迎えると、6番平田選手の2点タイムリーで追加点。初回から3得点のG-RANGERはこの日の試合の流れを決めたような立ち上がりに見えました。

G-RANGER vs ライジングサンズ初回表 G-RANGER中野選手の先タイムリー2ベース

Posted by 完全ランキング方式 全国軟式野球リーグ G-LEAGUE on 2015年4月26日

G-RANGER vs ライジングサンズG-RANGER平田選手の2点タイムリーヒット

Posted by 完全ランキング方式 全国軟式野球リーグ G-LEAGUE on 2015年4月26日

G-RANGER東投手の決め球スライダーで三振を奪うシーン

Posted by 完全ランキング方式 全国軟式野球リーグ G-LEAGUE on 2015年4月26日

反撃のライジングサンズ

2回裏、G-RANGER先発の大峰投手の投球の乱れから四死球でノーアウト満塁のピンチを招くと守備を交代し、エースの東投手をマウンドへ。ノーアウト満塁の場面での急遽の登板ということもあり、ワイルドピッチと四球で2失点を喫するも無安打で凌ぎました。ライジングサンズは一挙に逆転と攻め込みきれずあとヒット1本が出れば逆転できたことが惜しい場面でした。

変化球主体に変えたライジングサンズ内田投手

2回以降変化球主体に投球の組み立てを変え、G-RANGER打線のリズムをずらし、凡打の山を築いていきます。出塁するとすかさず盗塁をきめ果敢に次の塁を狙ってくるG-RANGERナインは、些細なミスでも得点に繋がってしまうという緊迫感で、ライジングサンズバッテリーにジリジリと見えぬプレッシャーを与えます。

堰が切れた5回

5回表にその緊迫の糸が切れ、四死球のよる押し出し、そしてタイムリーと一挙5点得点。試合を決定付けました。点数の規定により5回コールドとなり9対2でG-RANGERが試合を制しました。

5回表G-RANGER鹿児島選手のセンター前2点タイムリーヒットのシーン。

Posted by 完全ランキング方式 全国軟式野球リーグ G-LEAGUE on 2015年4月26日

試合開始時には明るかった空も終盤には真っ暗で照明が灯り、外野手は打球を目で追うのが大変だったと思います。
両チームのみなさんお疲れ様でした!

試合後インタビュー

G-RANGER 中野良樹 さん(大垣伸悟 より)

ー先制したあの打席何か心がけていたことありましたでしょうか
「いや特にないです。来た球を打っただけです。」

ー今日は中盤やや集中が切れたような流れがありながらも最後に固めて点を取った展開でしたが、いつもこういった展開なのでしょうか?
「ここ最近はこんな感じですね。」

ー相手投手は途中から変化球主体に変えてきたのですが、何かチーム内で対策など考えられましたでしょうか?
「特にないです。来た球を打つ、うちはサインもないんで、とにかく来た球を打つ、です。」

ー今後の抱負を聞かせてください。
勝ち続けてリーグの優勝を目指して頑張りたいと思います。

G-RANGER 荻沼茂紀 さん(大垣伸悟 より)

ー本日の試合の感想を聞かせください
「非常にバランスのいい試合でしたので、勝ち負けだけでなくいい経験になったと思います。」

ー相手投手が投球スタイルを変えてきたのですが、何かそのあたりで対策など作戦面で対応された点などありましたら聞かせてください。
「四球にこだわる試合展開になってしまったので、絞り球を絞ってそこにはまった場合の爆発力はあるのですが、緩急を織り交ぜられると弱いので、今後そこが課題になってくるかと思います。
緩い球を凡打になることが多いので、そこが具体的な課題点かなと思います。」

ー今後の抱負等あれば聞かせください
「リリーフピッチャーですね。今は東が投げているのですが、まだ2番手3番手のピッチャーが未確定なので、守備力が向上すれば負けないチームだと思うので、そこが課題です。」

ライジングサンズ 三平敬祐 さん(大垣伸悟 より)

ー今日の反省点を聞かせください
「今日は直前になって来れなくなった人がいたので、試合前に急遽守備位置を変更したので、本来のポジションでなかったのがかわいそうだったなと思っています」

ー序盤で得点されても大きく崩れず、途中で投球スタイルも変え、ベストメンバーでないながらにも、うまく適応しようとしているのを見て感じていたのですが、そのあたりいかがだったでしょうか。
「球が速くて直球中心で長身だったので、ベルトより上のボールを狙う、ボールをよく見る、ということを心がけてました。でもピッチャーが変わって、スライダーが良かったので、打てないかな、と思ったんですが、それでもうまく食らいついて個人個人が考えていて、すごいな、と思いました。」

ー守備面でもミスが少なく、走塁面でも常に次の塁を狙っている印象でしたが、いつもああいったスタイルなのでしょうか?
「貧打のチームなので(笑)、隙を見て次の塁を狙って臨機応変にやろうって決めています」

ー今後の抱負を聞かせください
「今日は終盤までいい試合展開だったので、最後まで集中力を切らさないようにしていきたいと思います」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る