ジャパン・ドリーム、序盤から点を重ね完封勝利

20150426_SOUTH URUMERS vs ジャパン・ドリーム

SOUTH URUMERS  vs  ジャパン・ドリーム (0-4)

2015年4月26日 東調布公園野球場

担当:藤田 昂毅  撮影:ぶーちゃん

1 2 3 4 5 6 7
S 0 0 0 0 0 0 0 0
2 0 1 0 1 0 4

ジャパン・ドリームは初回に2点を先制し、三回に1点、五回に1点と順当に追加点を重ねた。常時試合の主導権を掌握し、かつSOUTH URUMERSの攻撃を三安打に抑え、先発の小原選手が13奪三振を記録し、完封勝利。

■初回、二本のタイムリーで先制
ジャパン・ドリームは、一回表のSOUTH URUMERSの攻撃を難なく三人で抑えると、裏の攻撃で二死後、3番 宮野選手がエラーで出塁し、二盗・暴投でランナー三塁のチャンスを作る。そこで4番 野口選手の左中間への単打で先制。さらに5番 小原選手のセンターへのヒットで1点を追加し、初回に2点を先制。

■三回の追加点
ジャパン・ドリーム三回の攻撃は、一死後、4番 野口選手が内野安打で出塁。牽制での相手のエラーを誘い、一死三塁のチャンスを作ると5番 小原選手がキッチリと内野にゴロを転がし、その間にスタートが切れていた野口選手が生還し追加点。

■五回の追加点
ジャパン・ドリーム五回の攻撃は、一死後、三回と同じく4番 野口選手が右中間へ二塁打を放ち、ワイルドピッチで三塁へ進塁し、一死三塁のチャンスを作る。次打者5番 小原選手の内野ゴロ野口選手が生還し、野口選手は三得点目、また小原選手は三打点目。

■SOUTH URUMERSの反撃
最終回、これまでジャパン・ドリーム小原選手に一安打と抑えられていたSOUTH URUMERSの攻撃は、一死後、4番 松田選手のライトへのクリーンヒットで反撃ののろしを上げると、この日守備からの途中出場の5番 竹本選手もセンターへのヒットを放ち、一死一、二塁のチャンスを作る。二死となり、この日守備からの途中出場の7番 宮瀬選手が粘って四球を選び、二死満塁。ところが後続が凡打に倒れ、試合終了。

試合後インタビュー

ジャパン・ドリーム 小原 昴平 さん(藤田 昂毅 より)

(投げては奪三振13、被安打3(失点、自責点ともに0)、打っては3打点の大活躍)

―今日のピッチングを振り返って―
もともと三振を取るピッチャーでないため、ピッチャー有利になるストライクを先行という意識が良い結果につながった。反省として、前半二・三回はストレートも伸びていて、カーブも切れていたので良かった。ところが後半はスタミナ不足で球威が落ちてしまっていたのが反省。

―今後に向けて―
自分がチームを引っ張っていきつつもリリーフもやれるようなマルチな選手になってチームに貢献していきたい。

ジャパン・ドリーム 畠山監督(藤田 昂毅 より)

―今日の試合を振り返って―
4番(野口選手)が4番らしい仕事をしてくれたので今日は勝つことが出来たのではないかと思う。

―今後に向けて―
うまく波に乗ってくることが出来ているので、これまで同様ケースバイケースでやっていきたい。

SOUTH URUMERS 松田 敏幸 さん (藤田 昂毅 より)

―ご自身を振り返っていただいて―
投球では、投げ込み不足かつ練習不足で、それがフォアボールの量につながってしまった。また打席では、目慣れをしてはいたものの、ついていくことが出来なかった。

―今日の試合を振り返って―
自分も含めてチーム全体が練習不足だと感じた。キッチリ練習していきたい。しかし今季初戦にしては良い試合ができたと思う。

―今後に向けて―
今季、G-LEAGUEに再加入させていただいたので色々なチームと対戦をしながらTOP10を目指して頑張りたい。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

G-LEAGUE

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る