エースの崩れを見事にカバー!ウムラウツ、チームであげた2勝目

20150418_TATSUMI vs ウムラウツ

TATSUMI  vs  ウムラウツ (8-23)

2015年4月18日 夢の島総合運動場

担当:清水宏美  撮影:松川達也

1 2 3 4
T 6 0 0 2 8
9 9 5 23

 

 ウムラウツは、エース板橋投手が立ち上がりでの連続被安打で崩れてしまう。しかし、交代した佐藤投手が、守備のリズムを立て直す。佐藤投手は打撃でも2安打3打点と、投打での活躍を見せる。回を追うごとに全体の打撃が向上し、チーム全体で23得点を挙げた。
TATSUMIは初回、3打席連続ヒットを皮切りに打線をつなぐが、続く回で打撃がふるわず、攻めあぐねてしまう。この日エース赤穂投手が怪我で登板できなかったTATSUMIは、四球・ワイルドピッチを防げず、ウムラウツに大量得点を許してしまい、リーグ規定により4回ウムラウツのコールド勝ちとなった。

試合後インタビュー

ウムラウツ 佐藤信太 さん(清水宏美 より)

■投打に活躍をみせたウムラウツ佐藤選手のヒーローインタビューです。

ー板橋投手と代わっての登板でしたが、交代の際の気持ちを教えてください。
大量失点後で、フォアボールやパスボールで流れが悪くなっていたので、とりあえずストライクを投げて打ってもらって、まわりがとってくれればという気持ちで投げました。出来はすごくよかったです。

ー良かったポイントはなんでしょうか。
変化球が多少曲がったのと、投げ分けられたのがよかったです。

ー決め球はなんですか?
あんまり意識してないです。まっすぐとちょっと遅い球で緩急をつけることは意識しています。

ー組み立てはどちらが担当しているのですか?
キャッチャーがいつもサインを出してくれるので、その通りに投げています。

ウムラウツ 板橋勇人 さん(清水宏美 より)

■ウムラウツ板橋監督にコメントをいただきました。

ー今日の試合を振り返っていかがですか?
今日の反省点は、全部自分が悪かったです。負けてもおかしくない試合でしたが、点をとってくれた味方に感謝です。二番手で投げてくれた佐藤くんもよかったです。

ー打線もけっこうよかったですね。
そうですね。フォアボール出塁も多かったですが、意外とヒットも出てたので、上向いてきたかなと思います。

TATSUMI 田中崇仁 さん (清水宏美 より)

■TATSUMI 田中監督にコメントをいただきました。

ー本日はいかがでしたでしょうか?
相手さんに申し訳なかったのですが、フォアボールが多かったので、残念です。

ー今日の登板投手はいかがでしたか?
うちのエースが肩を壊しているのと、二番手とキャッチャーがいなくボロボロだったんですけれども。田邊が先発でひっぱれるところまでいくつもりだったのですが、替え時がもう少し早ければもう1人4番手が入れたかなと思います。

ーエースの赤穂投手の怪我は長引きそうですか?
そうですね、まだダメですね。

ーお大事にしてください!

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

G-LEAGUE

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る