暴風戦 好投したReds遠藤に栄誉を讃える

20150418_MES.TOKYO vs Reds

MES.TOKYO  vs  Reds (0-1)

2015年4月18日 花島公園スポーツ施設

担当:渡辺陽  撮影:松川達也

1 2 3 4 5 6 7
M 0 0 0 0 0 0 0 0
R 0 0 0 0 0 1 1

 

きまぐれな春という季節のせいか、今までに類を見ないくらいの暴風。そして時折巻き上がる土煙で戦場と化した花島公園野球場。
試合はプレイヤー、審判、全員の試練の展開となりました。

【G-LEAGUE】担当試合13:00〜花島公園スポーツ施設MES.TOKYO✕Reds審判さんが舞い上がる砂にも、ジャッジしに2塁へ

Posted by 渡辺 陽 on 2015年4月18日

【G-LEAGUE】試合開始13:15〜花島公園スポーツ施設MES.TOKYO✕Reds

Posted by 渡辺 陽 on 2015年4月18日

〈Reds〉
この日デビュー戦となったReds。先発、サウスポー遠藤選手の立ち上がりは4人を3奪三振で調子の良さを窺わせるピッチング。
その打線は1回、1番武田選手が『お願いします!』と元気よく打席に立つと、四球で塁に出る。2番鈴木選手が一塁線へ理想的な犠牲バントで走者を送り相手のミスで三塁まで行くが得点までには至らず。
4回に4番西川選手のチーム初ヒットが飛び出すがここも得点には結びつかず。
そして6回、迎えた3度目の正直。この回先頭の9番嶋田選手が四球、そして警戒されながらも盗塁成功。
『俺が試合に出てから点が取れた』と2番代打にキャプテンの味岡選手。死球で一死一、二塁。3番伊藤選手の打席。投ゴロと思われた打球は投手の手にうまく馴染まず、その上強い風によりゴロにも関わらず風に流される!その間に二塁走者の嶋田選手がホームへ生還で待望の1点!
嶋田選手はショートの守備でもサードがはじいたゴロを後ろでフォローしアウトにとる好プレーも魅せました。
そして、味方が取ってくれた1点を守りきれば勝ちの最終回。
『守備にも助けられた』と仲間も讃えるReds遠藤投手は、この回を三者凡退。7回10奪三振無失点に抑え、爆風吹きすさぶ悪条件のデビュー戦をものともしない勇敢な表情で初勝利に貢献しました。

【G-LEAGUE】Reds13:15〜花島公園スポーツ施設MES.TOKYO✕RedsRedsバッテリー遠藤ー西川

Posted by 渡辺 陽 on 2015年4月18日

〈MES.TOKYO〉
13人で臨んだMES。先発川名投手の立ち上がりは三塁まで進塁されるも1回を0点に抑える。その後2、3、4回と三者凡退に抑える9奪三振で最高のピッチング。
打線はほぼ毎回ランナーを出しつつも、好投Redsの遠藤投手を前に点が奪えなかった。
しかしそんな状況でも崩れなかったのは、チームの雰囲気。『部員の出席率が増えた』とほがらかな表情の角谷監督。どこか充実したチームの好景気に守備もいつも通り軽快で安定している。
中でも、牧野選手の活躍。一死一塁でショートゴロを捕球、自分でセカンドベースを踏みファースへ送球とダブルプレーを見事に完成させたのは圧巻だった。走塁でも6回ヒットで出塁すると、バッテリー間のちょっとしたやりとりの隙をついた盗塁で輝きを放った。
今年入ってのG-LEAGUEでの勝利はまだないが、チーム内の雰囲気の良さがひしひしと伝わってくるとても気持ちがいいチームだ。

【G-LEAGUE】MES.TOKYO13:15〜花島公園スポーツ施設MES.TOKYO✕RedsMES.TOKYOバッテリー川名ー落田

Posted by 渡辺 陽 on 2015年4月18日

〈終わりに〉
文中でも書いた様に暴風、土煙との戦いでもあったこの試合はその影響で5、6回ゲームを中断させる過酷なものだった。
その中でも気持ちを切らさず戦いぬき、それを証拠にエラーは一つのみ。そのエラーも本当に予想できない風のイタズラだった。土煙で前が見えない中、セカンドへジャッジしにいく審判の姿にも脱帽だった。
試合後はみんな(ナビゲーターも)顔が真っ黒(笑)7回まで試合が成立してなんとなく天気に勝った気分になった。

【G-LEAGUE】13:15〜花島公園スポーツ施設MES.TOKYO✕Reds今日は本当に暴風との戦い…風に流されてフライはおろか、ゴロでも容易に捕れる状況ではありませんでした。最後の映像はプレー中に土煙のなか審判さんがセカンドまでジャッジに行ってます。まさに風が敵…

Posted by 渡辺 陽 on 2015年4月18日

【G-LEAGUE】Reds13:15〜花島公園スポーツ施設MES.TOKYO✕Redsサードが弾いたボールをショート早坂選手がフォローして一塁へ送球してアウトっ❕スーパープレー

Posted by 渡辺 陽 on 2015年4月18日

【G-LEAGUE】MES.TOKYO13:15〜花島公園スポーツ施設MES.TOKYO✕Reds映像は2回6番奥野選手のセンター前ヒットと6回3番牧野選手のセンター前ヒット。牧野選手はこの後、暴投で2塁へ行くと、バッテリー間のやりとりの隙をついて3盗。そして守備でも4回6Bー3のダブルプレー完成させ、角谷監督も今日は1番良かったったと言っていましたっ❕

Posted by 渡辺 陽 on 2015年4月19日

【G-LEAGUE】試合終了13:15〜14:38花島公園スポーツ施設MES.TOKYO⓪✕①Reds6回9番嶋田選手が四球と盗塁。ここで2番代打味岡選手『俺が代打に出てから点が取れたっ!』と言ってぃたのも納得いく程、死球を受け…

Posted by 渡辺 陽 on 2015年4月19日

試合後インタビュー

Reds 遠藤康平 さん(渡辺陽 より)

Q.今日はかなりの強風の中、一人で7回投げきりました。大変な試合でしたが終わってみていかがでしたか?
A.今日は調子がいい感じだったのと、守備にも救われた部分もあるのでそこも勝った要因かなと思います。
Q.何か良かった球種とかはありますか?
A.追い込んでからの真っ直ぐとかがいい感じだったかなと思います。
Q.いつも試合で心がけてる事とかありますか?
A.試合を壊さないようにしっかり投げるという事と、リズムとかも考えて投げてます。
Q.今日はデビュー戦だったわけですが、遠藤投手から見て、Redsさんはどういうチームだと思いますか?
A.仲も良くて明るいチームですかね。
Q.では、次の試合に向けて意気込みをお願いします。
A.今日みたいにチームプレーを心がけて絶対に勝ちたいと思います。

Reds 西川修司 さん(渡辺陽 より)

Q.今日はデビュー戦で初勝利おめでとうございます。
まず、試合を振り返っていかがでしたか?
A.ピッチャーの遠藤が立ち上がりからすごいいいピッチングをしてくれて、守備もそのピッチングに応える様な守りをしてくれました。チームとしてはなるべく早めに点を取って楽にしてやりたかったんですけど。結果的には(終盤になったが)どんな形でも点をを取って守りきったというのが、価値のある勝利だったかなと思います。
Q.この強風の中、フライが上がってもエラーなく捕っていて良かったと思いますが?
A.風があるなしに関係なく声の掛け合いは意識的にやる様に呼びかけてはいるので、こういう日がある事によって、声掛けの大事さが分かるいい機会だったと思います。
Q.監督的には今日は誰が良かったですか?
A.そうですね…今日は遠藤に尽きるかなと思います。でも全体的にみんな集中してミスも少なかったので良かったです。
Q.今回、G-LEAGUEに加入されて1試合目でしたが、入ったキッカケなどありましたか?
A.試合を数多くこなしたいっていうのがあって選びました。
Q.次の試合に向けての意気込みをお願いします。
A.苦しい形の勝利だったので、次はいい流れを作ってもう少し楽に勝ちたいと思います。

MES.TOKYO 角谷康之 さん (渡辺陽 より)

Q.試合を振り返っていかがでしたか?
A.相手チームのピッチャーが良過ぎましたね。
Q.今日こういった強風の中での試合でしたが、何か影響はありましたか?
A.風があまりにも強過ぎて守備も攻撃も大変でした。
Q.そんな中、牧野選手、ダブルプレーと相手バッテリーの意表をつく盗塁と活躍が見られましたが?
A.試合前に積極的に走塁、盗塁をしかけていこうと言っていたので、一つだけですけど実践できて良かったと思います。
Q.ご自身も3回一塁走者で牽制球でアウトになりかけましたが、巧みな身のこなしで免れましたね。
A.一つ見せ場が作れて良かったかなと思います。
Q.今日のベンチの雰囲気は声も出ていて、みんなで盛り上げていこうという気持ちが伝わりましたが?
A.そうですね。最近、部員の出席率がG-LEAGUE入ったくらいからだいぶ上がってきたので良かったんだと思います。
Q.先週は雨で潰れましたが、先々週も試合して頂いて、前回の試合と比較していかがでしたか?
A.今日はケガで出れなかったんですけど、佐伯というのがいまして、彼の存在がいい雰囲気を作ってくれました。
Q.今日は最後の悔しい1点がありましたが、これをバネにして次回こそという意気込みを込めてお願いします。
A.とにかくまだ今シーズン1勝もできてないのでまず1勝を目指して頑張りたいと思います。

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

G-LEAGUE

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る