突如崩れた均衡から流れを掴んだジャンキーズBがコールド勝ち!

20150418_六本木ゼウス vs ジャンキーズB

六本木ゼウス  vs  ジャンキーズB (0-7)

2015年4月18日 三鷹市大沢野川グラウンド

担当:川田麻美子  撮影:清水宏美

1 2 3 4 5
0 0 0 0 0 0
0 3 4 0 7

 

ライト方向から戻される強風がグラウンドを吹き抜ける中、調布飛行場からの爆音も響く大沢野川グラウンドで、前シーズン準優勝のジャンキーズB vs六本木ゼウスの試合が行われた。
3度目の対決となったこの試合は、2回に押し出しにて3点を先制し、続く3回に打線が繋がり追加点をあげたジャンキーズBが一気に流れを引き寄せて見事3連勝を決めた。

■両チーム緊迫の立ち上がり
初回いきなり六本木ゼウス先頭打者の原田選手がライト前安打で出塁し二盗三盗を決めるが、その後三者三振に倒れ先制点にはつながらず。一方のジャンキーズBも立ち上がりからストレートが冴えわたる相手先発小川投手の前に9球で攻撃を終える。

■思わぬ形で入った先制点から目覚めた打線
2回も両投手の好投が光り、両チーム三者凡退で終わると思えたが、六本木ゼウス小川投手は2死後突如制球を乱し、6連続四死球を与える。無安打で3点を先制したジャンキーズBは、続く3回、先頭4番の柏崎選手がセンターへのチーム初ヒットで出塁すると、5番・石川選手、6番・山口選手が2者連続レフトオーバーのタイムリーツーベースを放ち、この回4点を追加した。

■ジャンキーズB内田投手の好投と柏崎捕手の巧みなリード
ジャンキーズBの先発内田投手は低めを突く見事なピッチングで、4回を7奪三振、被安打1と好投。また、初回、出塁した走者に対してはたくさんの牽制をみせ、相手の攻撃も翻弄した。柏崎捕手から「ゆっくり時間かけていこう!」と声が上がり、守備陣に的確な指示を与えているのも見事だった。

■エース小川投手のアクシデントが痛かった六本木ゼウス
初回から好投を見せていた小川投手が突如制球を乱して2回途中で降板。初回から安打が出ていた六本木ゼウスはムードも良かっただけに、あの瞬間から流れが変わってしまい、悔やまれるイニングとなってしまった。

試合後インタビュー

ジャンキーズB 石川剛 さん(川田麻美子 より)

■タイムリーツーベースを含む3打数2安打の活躍

ー2打席目は見事なレフトオーバーのツーベースでした。打席での気持ちを聞かせてください。
「1打席目に粘って凡打だったので、何とか次のバッターにつなげようという気持ちで打席に入りました。相手ピッチャーのコントロールが良かったので、甘い球が来たら打とうと思ってました。」
ー狙っていた球はありましたか?
「相手がすごくいいピッチャーだったので、ストレート1本に絞って思いっきり振りました。結果的にヒットにつながって良かったです」
ー3打席目はピッチャー強襲となりましたね。強い打球でした!
「センター返しを意識して打席に立ったので、その通りに打てたと思います」
ー2安打とチームに大きく貢献し、勝利を呼び込みました。
「先発の内田も、継投した酒井もとてもいいピッチングをしていたので何とか助けたいなという気持ちで打席に立ちました。きっかけにはなれたかなと、良かったと思います」
ー最後に次回に向けての抱負をお願いいたします。
「今回は助っ人という立場でしたが、また機会があれば呼んでもらってチームのために活躍したいです!」

ジャンキーズB 柏崎修一 さん(川田麻美子 より)

ー見事勝利おめでとうございます。今日はかなりの強風でしたがまず試合前に気を付けていたことはありますか?
「守備で強風を意識するように伝えたのと、固定メンバーが揃わず毎回隣のポジションが違うメンバーだったりするのでコミュニケーションをどんどん取って、コミュニケーションエラーだけはしないように言いました」
ー六本木ゼウスさんとは3度目の対戦でしたが、作戦はあったのでしょうか?
「チームとして取り組んだわけではないですが、前回の試合で足を使ってくるチームだなと思っていたので、個人的にキャッチャーとしてピッチャーの牽制と盗塁に対するケアはしていました。ただ、全部走られてしまいましたが・・・」
ーキャッチャーとして内外野にも指示がすごく出ていて、相手にもプレッシャーになっていたと思うのですが、リード面では気をつけていたことはありますか?
「初回(内田投手の)コントロールが安定していなかったのでストライクを取れる球種を探りながらやってました。中盤以降はいつも通りに戻ったので、そうそう打たれることはないと思ったのですが、気持ちいい投球が出来るようにと心がけました」
ー初回の牽制球はだいぶ多かったですね。
「相手走者がすごくいいランナーでリードですごくプレッシャーをかけられていたので、初回まだ先制点を取れていない状態っていうのもあったので少ししつこくやりました。あと、セカンド牽制は練習も兼ねてやりたかったので、その2つの意味で多めにやりました」
ーバッターにもリズムを狂わせていたと思います。
「どうでしょうか(笑)でも、牽制が多いとテンポも長くなりますし、守備のリズムも狂ってしまうので本当はあまりやりたくないんです。リスクはありました」
ー2回以降は内田投手の低目をつく投球が光りましたね!
「立て直しが出来てよかったです」
ー相手ベンチからキャッチャーの(一塁への)カバーがハンパない!と絶賛の声がありました。
「ありがとうございます。高校野球の時にセカンドゴロとショートゴロは必ずああいくということをずっと仕込まれていたので、その癖だと思います」
ーご自身のバッティングでも大活躍でした。チーム初ヒットを打たれましたが、狙っていた球はありましたか?
「ストライクとボールがはっきりしているピッチャーだったのでストライクに来た球は全て打とうと思って打ちました。ストライクなら初球でも打とうと意識してました」
ー前シーズンの準優勝チームとして今季も期待が大きいのですが、最後に次に向けての抱負をお願いいたします。
「チャンピオンシップに残ることがまず目標なので、目の前の試合1つ1つワンプレーを大事にしながらやっていくだけですね」

六本木ゼウス 小川拓也 さん (川田麻美子 より)

ー今日の試合を振り返っていかがでしたか?
「今まで2戦2敗だったので今日こそは勝ちたかったのですが、久々に試合をやったということもあって守備がまとまってなかったですね。前の2戦はだいぶ意識してましたし、モチベーションは上がっていたのですが、体がついていかなかったです」
ー初回から球が走っていてストレートとても良かったですね。
「ありがとうございます」
ー相手チームもちゃんと狙い球を絞っていかないとなかなか打てないなと言っておりました。インタービューもエースということでチームから推薦されてましたが、決め球を教えてください。
「エースになりたいと思っている最中です(笑)やっぱりストレートには自信はあります」
ーその好投を続ける中、2回2死までとってから突如崩れてしまったのは何かありましたか?
「言い訳をすると、足がつってしまったんです・・・運動不足が原因です。来るのが遅かったのでアップもあまり出来なかったのも悪かったです。チーム全体的な問題ですね・・・今後は1時間前にはみんな来れるようにしていきたいです」
ーチームの打撃はいかがでしたか?
「今日はとりあえずバットが振れてないなと感じました。相手(投手)がまとまっていたので、ある程度狙い球を絞っていけば攻略できると思っていたのですが、みんなのスイングスピードが遅すぎて、なかなか打てなかったです」
ー強風についてはどうでしたか?
「守備の時は意識してましたが、打撃はそこまで考えてなかったです。風で戻されるというよりは、エラーとかもあるかもしれないから転がしていこうという方針ではありました」
ー今年の初戦ということでしたが活動が初めてだったのでしょうか。
「練習も年末から全くやってなかったです。今日の試合を振り返ると、要は守備だと思うので、ちゃんと野球になるよう最低限の守備が出来るように定期的にやっていきたいと思います。野球をやる機会が少なすぎるのもあって守備がバタバタしてしまうのもあるので、今日の試合を糧にしたいと思います」
ーでは最後に今後の抱負をお願いいたします。
「初戦は負けてしまいましたが、もう1試合も負けないように全試合勝つつもりで頑張ります!」

G-LOCKER ROOM

G-LOCKER ROOM

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年7月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る